FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

S.L.ヴァイス:プレリュード d-moll  

今、ヴァイスのロンドン写本にある、d-mollのfugaを弾いていますが、やはりフーガの前にはPreludeがほしい、そこで同じロンドン写本のd-mollソナタのPreludeを置くことに・・
これはヴァイスのPreludeの中でも特にカッコイイやつで^^m
しかし、譜を見ると、そう易々とはいかない(・・);
weiss pre d s
f 01f 02
②で10コースの押えにゾッとしたが、セーハじゃないので、大して問題なさそう、
f 03f 04
f 05
ほかはセーハを含む押えがあり、きれいに響かせないといけない、一番厄介なのは7コースの押弦を含む③かな、④もちょっときつい;また、パッセージの部分は右手の指順を上手く決めないといけない;
とは言え、練習積めば何とかなりそうに書いてあるのは、さすがにヴァイス^^またじっくりやってみます。

適当な参考動画がなかったので、チェンバロによる演奏、前半がこのPrelude、
you tube:Weiss - Prelude and Fuga
*画面のダブ譜にはいくつか間違い箇所がある

PS.譜の最後にWeisのサインがあるけど、"W"をendマークの波線を兼ねた書き方にしてあるのかな?^^

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 演奏について

tb: 0   cm: 4

コメント

いつもお世話になっております。

写真を見せて頂きましたが、やはりリュートを弾く人の作曲したTAB譜では、左手の押弦の形が美しいというか無理がないですよね。
私も、最近バッハ演奏動画をYoutubeにアップするようになって左指の動きをよく観察するようになりましたが、ギターほどではないものの変な形の押弦が多いです。今までで最高に曲芸的に見えるのが、最新アップのロンド風ガボットです。お暇な時にご覧いただくと幸いです。

LUTE #- | URL
2017/08/15 15:20 | edit

LUTEさん こんばんは
ヴァイスはバロックluteの魅力的な響きをよく知っていて、それを活かす曲を書いていますね、運指、弦の使い方も効果的になっています。
バッハを編曲する際も、こんな風に、といきたいのですが;一筋縄ではいきませんね^^;
You tubeの演奏を聴かせていただき、貴ブログのほうに感想を書かせていただきます。

michael #xNtCea2Y | URL
2017/08/15 23:43 | edit

こんばんは。
そのプレリュードを含む組曲は、二重奏あるいは合奏のパート譜の可能性が高いですね。

11コースを押さえる例を
mywindow.blog103.fc2.com/blog-entry-1953.html

奇士 #nLnvUwLc | URL
2017/08/16 21:06 | edit

奇士 さんこんばんは

独奏では使い道のない組曲ですね、プレリュードだけ拝借して、
ニ短調の別の曲にくっつけて使う例が多いかな。

michael #xNtCea2Y | URL
2017/08/16 22:52 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1604-af1fc844
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック