FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

A.ドラティ:ハイドン 交響曲No.31「ホルン信号」  

ドラティ指揮のフィルハーモニア・フンガリカはいつも述べているように、ハイドンに相応しいサウンドで聴かせる、今日取り上げる「ホルン信号」で各パート奏者のソロが聴けるが、弦も木管も過剰にvibratoを行わず、透明感が出ているように思われる、
'70年代にはN.マリナーもハイドンの魅力を伝える演奏を聴かせた、アカデミーCO.は非常に上手いが、音作りは、やや前時代的な感がある、
a d hay
アンタル・ドラティ 指揮
フィルハーモニア・フンガリカ
録音:1969~1972年 DECCA

you tube:Symphony No 31 D major 'Hornsignal' Antal Dorati PH

交響曲 No.31ニ長調「ホルン信号」
第一楽章 Allegro
幾分落ち着いたテンポだが、その分、hornを朗々と聴かせる、4本のhornの響きはさすがにorch.音の大半を占めるが、そのバランスで録音されている、ドラティはhornの味わい十分に爽快で過不足なく聴かせる、
第二楽章 Adagio
この楽章はト長調になる、vnのソロで始まるが高域の弱奏で、次に出るhornとの対比が大きいがくっきり響く、vcのソロも同様、現実的な音量差が奥行きに感じる、
後半に入り、[41]からvnソロが始まり、[44]から[51]までvcソロが重なって行く、
sc02_2017082110481409b.jpg
ここも美しい聴きどころだ、
メヌエット、トリオ
弱音基調で気品ある演奏、始まりからhornを短く切った演奏が緩やかな中に明確で印象的、
sc03_20170821104847f0b.jpg
*hornは移調記譜でハ長調になっているが、実音はニ長調
またトリオの中で、horn1のソロに対し、[52~56]だけflが控え目に重なるところ、洒落た味わいを作っている、
sc03b_20170821104912e0f.jpg
終楽章 Moderato molto
全パートが順々にソロを聴かせる楽章、各奏者はここでも大味にならず、細やかな聴き応えで締めくくる。

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

category: F.J.ハイドン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1610-0be359b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック