FC2ブログ

Michael: Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

マルチバース  

今日はかなり空想的な話です;m
量子力学では超ミクロの世界では、人間サイズの世界ではあり得ない事が起きている、いくつもの状態が確率的に重なり合っているという、しかし、我々人間の体、周りにある物体、元は超ミクロな素粒子で出来ているわけで、関わりが無いわけではない、

思考実験の「シュレディンガーの猫」はよく引き合いに出される、箱の中にいる猫の生死の確率は50%ずつで、2つの状態が重なり合っていて、人が蓋を開けるとどちらかに決まるという理屈だが、実際には無意味な実験だ、
Schrodingers_cat_20170829074645f7b.jpg
過去記事
しかし、"超ミクロの側"から見ても、「猫が無事でほっとする人」と「猫が死んでいて悲しむ人」があるわけで、結果は1:1でお互い様、つまり、マクロサイズの世界も、複数の状態が重なり合っていて、1つではないとする考えが成り立つ、我々はある1つの世界に居るので、別の世界は認識できないが、じつは今居る場所に別の世界が重なっているらしい?
001_201708290748386fc.jpg
「箱の中の猫」はやはり、生と死、両方が存在し、片方しか見られないだけ!? どう転ぶかは運しだいで、別の世界では違う結果が出ている;単純化のため50%に絞ったが、実際はもっと細分され、多様な世界があるとのことだ。

多宇宙論では無数の宇宙が存在する模式図をいろいろ見るが、理論物理学者によっては、1つの宇宙の外に別の宇宙が子分かれして描かれていたり、あるいは最初の親宇宙はたった1つで、その内部に子宇宙が誕生する、というのもある。
m b02
"宇宙の外"は空間すらない"無"であると;
さらに同じ場所に多数の宇宙が重なり合っているという見方も加わる;

これら多数の宇宙は誕生したときに、重力や電磁気力などの数値が個別に決まり、その宇宙の物理法則となって、我々の宇宙とは違うという、ダークエネルギーの斥力が強く、星や銀河が生れる間もなく急速に膨張してしまう宇宙も多いと考えられている。

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 科学・自然・雑学

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは
何だか難しいですが、とても面白いですね。
オカルトじゃなくてまじめななお話ですよね。
目の前にあることを理解するので精一杯ですが、もっといろいろすごいことになっているということですね?
今この瞬間以降の私も無限に枝分かれしているんだということですか?
寝れなくなりそうでSね。

unagi #- | URL
2017/08/29 12:41 | edit

unagiさん こんにちは

一応、理論物理学者が導きだした話ですけどね、確かめるのは難しそうです;
昔なら、重力や高速移動で時間が遅れるとか、反物質が存在するなんて信じ難い話でしたが、理論予測され、正しいことが確認されました、ビッグス粒子や重力波も今世紀、ようやく確認されました、計算法が間違っていなければ本当なのかもしれません?;

>枝分かれ
自分の意思で決められることと、偶発的なことでは随分確率が違いそうですね?^^

michael #xNtCea2Y | URL
2017/08/29 15:43 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1618-6300ffc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック