Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

バロックギターの魅力  

弦をはじく楽器をいろいろ経験した中で、自分の手に合うのは、「複弦のバロック楽器」ということに行き着いたようです。
あれだけ、やれ「押え辛い」とか言いながら^^;細い弦がダブルに張ってあるのが弾弦感覚としては手に馴染みます。m
Jan_Vermeer01.jpg
フェルメール「ギターを弾く女」

リュート属が低域を伸ばそうとコースを増やしていって身軽ではなくなったのに対し、ギター属はコースを増やさず、バロックギターは5コースに留めている、調弦法は上から①~⑤コースがE,B,G,D,A というのは今のギターと同じですが、④や⑤コースに低音弦を含めたり、オクターヴ上げちゃったり、そこは奏者(作曲者)の流儀によって様々です。
Baroque guitar
調弦例
②や③の調弦が多いようだが、実質、狭い音域の中で、④、⑤コースは暗示的にバス弦の役割だったり、高音弦の一部だったりする、近接音程の和音が響き、万華鏡のように音楽を作っていきます、"身軽"ながら奥の深い楽器です。

b g 1
you tube:Canarios - Gaspar Sanz - Baroque Guitar
you tube:Miguel Rincon | Santiago de Murcia & Gaspar Sanz
you tube:Santiago de Murcia "Prelude por la E"
b g 3
掻き鳴らし奏法の解説
tou tube:Stephen Gordon on strumming techniques for Baroque Guitar.
バロックギターでも掻き鳴らし(ラスゲアート)が行われますが、フラメンコギターのそれとはまったく別世界の感覚です。

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 楽器について

tb: 0   cm: 2

コメント

①の調弦は落ち着いた感じで③は賑やか・・・って言うかちょっとうるさい。
①でラスゲアードをすると響きがちょっと重く、③だと騒々しい。
②はその中庸かな?
あくまでも個人の感想です。

>掻き鳴らし奏法の解説
<ド・ヴィゼの曲だと、人差し指のアップ・ダウンと親指のダウンしか指示は無いんですけどねえ・・

奇士 #nLnvUwLc | URL
2017/09/09 21:18 | edit

奇士さん こんばんは

ド・ヴィゼの雅やかな曲には、確かに人差し指だけの柔らかい掻き鳴らしが合いますね、
スペインのリズミカルな舞曲ではいろいろやったほうが面白そうですが;

michael #xNtCea2Y | URL
2017/09/09 23:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1629-0831785b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター