Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

太陽系に接近する恒星  

生きている間に冥王星の接近画像が見られるとは思っていなかったが、膨大な遠い恒星の距離や動きがわかるようになったというのも同じくらい興味深い。

ヨーロッパ宇宙機関(esa)が天文位置衛星「ガイア」で10億個以上の星の距離、動きなどの観測を続けている、データの一部が公開されているが、動きを捉えるには1つの星に対し平均70回の観測が必要で、途方もないデータ量ということになる。
8月31日、「グリーゼ710」という恒星が135万年後、太陽に2.3兆km(約0.24光年)まで接近すると発表された、先代の天文位置衛星「ヒッパルコス」でも概ねはわかっていたが、グリーゼ710は現在、へび座62.3光年にあり、質量は太陽の0.6倍程度である。
g 710
大きさ比較図

esaがその接近する様子のイメージ動画を公開した、
esa you tube01
you tube:Waiting for a stellar encounter
中央に見えるグリーゼ710に視点を置き、148万年後までの動きを早送りにしたもの、周囲の星も観測に基づいた動きを示している。

もう1つの動画は全天を視野に入れ、その中をグリーゼ710が動いていく様子、(ハンメル図法のためカーブを描く)
esa you tube02
you tube:Tracking stellar motions
動画の中で○で囲った所が出発点、シアターモードで見ると、画面の全ての星が動いている、
接近といっても、135万年後の事だが、約0.24光年まで近づけば、太陽系の惑星の軌道を乱すまではいかないようだが、オールトの雲に侵入して、かき乱し、太陽系内側に多量の彗星を送り込むかもしれない、
【オールトの雲:太陽系外縁を球状に取り囲んでいると"仮想"される、彗星の起源となる小天体の集まり、半径は0.16光年から1.6光年とも言われ、はっきりした境界はないかもしれない】

グリーゼ710の絶対等級は8.25vとされる、これが最接近した0.24光年の位置にくると、
g 710
視等級は-2.42vとなり、金星と木星の中間くらいの明るさで、恒星では最も明るくなる。

過去には約7万年前、太陽系に接近した赤色矮星「ショルツ星」があるが、これは最接近のとき、0.82光年だったと計算され、絶対等級は19.4vなので、視等級は最大でも11.4v、肉眼で見えない暗さだったことになる。
Scholzs-Star.jpg
ショルツ星
宇宙年齢は138億歳、7万年なんて、なんてこたぁない時間だ;
どうなってるかわからないが、135万年後という時間もかならずやってくる^^;

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。
グリーゼ710はわりと有名ですね。
オールトの雲の内側に入ってくるので、何かしら地球の方にやってくる可能性はあるかも。
135万年後なので、人類が存続しているかどうか怪しいところですが・・・

奇士 #nLnvUwLc | URL
2017/09/12 22:45 | edit

奇士さん こんばんは

通常より危険物がやってくる確率がどれくらい上がるかですね、
正確な予測は難しそうですが。

まあ、人間が居ても居なくても、宇宙では整然と事は運ぶでしょうけど;

michael #xNtCea2Y | URL
2017/09/13 00:31 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1632-25c562fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック