FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

世界の星空環境マップ  

奇士さんのブログで良いサイトを教えてもらいました。
世界中の光汚染マップです、衛星画像から夜の明るさをもとに作られたものと思います。m
001_2017092313003353d.jpg
リンク→Light pollution map
拡大して各地の詳細が見られます、
任意の場所をクリックすると、光汚染のレベルが表示される、
Light_Pollution_Visualization.jpg
class 1~9の目安
あくまで光害の多い少ないを表すようで、元々の気象条件による良否は別だと思います、ただ光害さえ少なければ、空気の澄んだ夜にはとてもよく星は見えるはずです。
さらに高地へ行くと大気の影響も少なくなり、最高のclass 1になりますが、南米のアンデス山脈沿いの高地がこのクラスです。(標高は3000m以上)*Ratioの値も低いほど良いそうです。
light map02
この地に住む人々には星が多く見え過ぎて、星座を結ぶという文化が生まれず、そのかわり天の川の塵で暗くなった部分に動物などの姿を想像したそうです。
あと、太平洋のド真ん中もclass 1^^;

このマップで日本国内も詳しく見られますが、まず拙宅の付近をみると、class 5でしたが、実際はもっとよくないと思います、6~7の感じ;地域のおよその目安と思ったほうがいい、
jitaku_20170923102233efc.jpg
近場で観測に良い場所を探ってもclass 4くらいです、でもclass 6よりは大幅に良くなるでしょう、class 3となると、クマさんが出てきてもおかしくなさそうな所で、ちょっと怖い^^;
天の川はclass 4からよく見えそうです、class 5でも存在がわかるでしょう、一見何もない感じだが、空を見て頭を左右に廻すと、うっすらと帯が横たわっているのに気付きます。
良く晴れた夜、海岸に行くのも手でしょう(港町以外で)、海側に光害はないので、過去に若狭湾に海水浴に行った夜、天の川がclass 4くらいには見えていました、こういう機会に限って望遠鏡が手元にないんです;

アンドロメダ銀河もお隣なのに意外と見辛いんです、class 6程度では中心のバルジ以外は空の明るさに埋もれてしまう、おおぐま座のM81,M82などは観測しやすいので、class 4くらいの所ならよく見えるでしょう、これらもご近所の銀河です。
m81m82_2.jpg
すべて月の出ていない夜が前提です。
"class 0"を求めると、宇宙空間でしょう^^;

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村
関連記事

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 4

コメント

こんばんは。
わが家の周りはClass7ですよ(/_;)
"Class" と同時に "Ratio" も参考にした方が良いですね。
(Ratio は値が小さいほうが良い。)
また街灯などの有無も結構影響しますね。

わが家からでも、車を1時間ちょっと(夜)走らせればClass4くらいの場所には行けそうです。
いくつか候補を絞ったので、機会があれば遠征するかも。
でもその前に下見が必要ですね^^;

奇士 #nLnvUwLc | URL
2017/09/23 21:21 | edit

奇士さん こんばんは

>その前に下見
そうですね、まずは肉眼でよく見えるか確かめに行き、
車を止められる、手頃な観測場所を探し、安全で、
遠くない場所にコンビニがあると助かります^^

michael #xNtCea2Y | URL
2017/09/23 22:08 | edit

こんばんは
星を見る人たちには死活問題なんですね。
うちはClass4だそうです。
遠くの山の上空が明るく光って見えるのは向こうの街の明かりなんでしょうか・・

unagi #- | URL
2017/09/23 23:32 | edit

unagiさん こんばんは

広い範囲が街明かりだったりすると、離れた場所に影響しますね、
球場のナイターの灯りなど、かなり強烈ですし;
上空の水蒸気の多い少ないも関わりますが。

Class4なら、望遠鏡でいろいろ観測できますねv

michael #xNtCea2Y | URL
2017/09/23 23:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1643-dcb287d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック