FC2ブログ

Michael: Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

オーディオは受け身  

オーケストラ音楽で、ここが決めどころだ、という所で金管がパーっと鳴る、timpが明快に決めてほしい、など自然に欲求が湧きますが、ほとんど引っ込んじゃったような録音もあり、肩透かしをくいます;第2vnやvaがもうちょっと押し出すといいのに・・とかバスにもっと力がほしい・・という場面も多々ある、
巷では名盤と言われても、そこが期待外れなのがあります。
m
これは演奏そのものが原因か、収録の仕方が原因か、両方か、わかりませんが、結果として自宅のオーディオから良い具合に聴こえてくれないといけない、
高級なオーディオ装置があっても効果が出るとしたら、十分な帯域再生とか、音質や音場感をレベルアップするまででしょう、
収録内容のパート・バランスや見通しの良さ、までは変えられず、そこは普通レベルの装置で聴くのと変わりない、手にした音盤しだいで、ほとんどは受け身です。

指揮者、演奏者、そして各レーベルの録音技術者によってはシリーズ録音に、ほぼ一定の傾向があるので、期待どおりの音盤を予測することはある程度できます。
使っているオーディオ装置は今ので十分と思い、長く替えていません、良い音盤を見つけるのが楽しみとなっています。

例をあげると、過去にも書いた、ハイドン交響曲No.86で第一楽章の以下の部分、
hay 86a
hay 86b
付点の入ったtimpの打音が堂々と聴けるとじつに心地よい、
モーツァルト「ハフナー」第一楽章も同様です^^
moz 35
またベートーヴェンの「第7」第一楽章、提示部の終り前で、vn2とvaが小刻みに弾くリズム(展開部にもある)、
be 7
これが明確に聴けると切れ味良く、じつに活き活きして効果的、
ここが総奏の中に溶け込んでしまっている録音が殆どですが、O.スウィトナー指揮、SKBの「第7」(DENON盤)は分離して鮮やかに浮び、最もお気に入りv
denon.jpg
こういう細かいところが気になります^^;
ほかに、W.サヴァリッシュ指揮、RCOもかなり良いです、

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: Low cost audio

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1646-5e322dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック