FC2ブログ

Michael: Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

バロック楽器の装飾  

チェンバロとか、膝の上で弾く弦楽器でも、バロック期には豪華な装飾が一杯施された楽器が多く作られました、m
たとえばこのオリジナル バロックギター、正倉院の螺鈿紫檀五絃琵琶にも負けていません;
sellasinlay a
過去記事:螺鈿とインレイ
M.セラスだそうですが、響板以外はほぼ全面、華麗な飾りで埋められています、
sellasinlay b
背面、側面、指板にある白い蔦草飾りはたぶん象牙板をこの形に切り、木地側にもぴったりの彫り込みを入れ、嵌めていったものでしょう、手間ひまはどれだけかかってもいい、という工芸の極地のような;
素地に使われているであろう、木材の美しさを見る余地がない、ってのも惜しい気がしますが、そこは目をつぶって?
現代でも稀にこういう豪華な楽器が作られた例があります、注文主あってのことでしょう;
竹内さんの予告ページに凄いバロックギターが出ています!
パーチメントも木製に見える?

このチェンバロは現代の作で、ひじょうに美しいけど、一見、東洋の螺鈿と金箔を施した漆器を思わせます。
cemb.jpg
黒と金の取り合わせで仏具も思いだしてしまう?^^;

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: Instruments

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1652-d4eb212a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック