FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

有田正広,A.マンゼ:バッハ 管弦楽組曲No.2ほか  

寒暖差のせいか、体調を崩し、力が出ません;
気に入ったCDなど聴いて静養しています。
過去に挙げた、BRILLIANT CLASSICSのBOXでバッハ管弦楽組曲とブランデンブルクcon(*こちらは元は別レーベルだったムジカ・アムフォンの演奏)のセットは良い内容でした、
今日は組曲No.2とNo.4の再掲です。
20131218213417625_20171019134858129.jpg
アンドルー・マンゼ指揮、ラ・ストラヴァガンツァ・ケルン
fl.トラヴェルソ:有田正広
1994年録音


第2番、入念に練り上げたアンサンブルが聴きどころ、4曲中第2番はポピュラーゆえにあまり聴かないのですが、有田正広がfl.トラヴェルソを吹く当演奏は特筆ものですばらしい、序曲のグラーヴェから満足、トラヴェルソはソロ部分以外は1st,vlと重ねて演奏される、有田の安定した美しいトラヴェルソとマンゼの弾くvlとが緻密に同化している、お互いの音を聴きながら見事に質感を合わせている。こんな充実したグラーヴェはなかなかない、グラーヴェの終わりからふっとアレグロに入る瞬間が良い、アレグロに入ってもflとvlの一体感は維持する。
続く舞曲、特にゆったりしたサラバンドでは同様の魅力を聴かせる。各楽章、程よいテンポでじっくり聴かせる。

第4番、これはtrp、timpの無い版が使われる、しかし不足感はない、
序曲のアレグロは一番好きなところ、弾むような一貫したリズム、深く迷い込む転調、バッハならではのフランス風序曲で、不思議な力で引き付けて行く、マンゼの演奏はツボを掴んで快調。続く舞曲もこの作品は面白い、最後のレジュイサンスは傑作。

またこれらの2枚にはカンタータのシンフォニアが2曲挿入されていて、1曲はBWV29、原曲は無伴奏vlやギター、リュートでも演奏されるBWV1006のプレリュード、バッハは編曲を数々聴かせるが、ここではオルガンがソロを弾き管弦楽が加わる、trpやtimpが鳴るところはバッハのイメージを示していて、無伴奏曲の参考にもなるでしょう。
もう1つはBWV146のシンフォニア、この原曲はBWV1052、チェンバロ協奏曲No.1の第一楽章の編曲、これも元々はvl協奏曲でここではオルガンがソロを弾く、この霊感に満ちた曲に木管が加わり、ホールトーン豊かな一味違う趣きで味わえる。

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

category: J.S.バッハ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1669-e557b48c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック