FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

バロックギターの絵 ≪追記あり≫  

一昨日の19世紀ギターに続き、バロックギターの絵を検索してみました。m
バロックギターから19世紀ギターへの明確な境は引けませんが、概ね次のように移行していきます、「バロックギター:5コース複弦」→「ロココギター:6コース複弦」→「19世紀ギター:6コース単弦」、呼び名は現代、分類のため付けているだけです、楽器は時代に合わせて、改造されたものもあります。
絵画の人物は皆、リラックスした様子です、本気出して弾く姿は絵にならない?^^;
bg 009bg 008
しかし、画家の前でポーズするにせよ、手は自然に普段弾いているフォームになり、参考になる絵もあります、

これはラスゲアートのフォームでしょう、
bg 006
傍らにリュートもあり、現代の皆さん同様、両方楽しんでいる人でしょう^^

これもラスゲアートのようです、指板に近い位置で柔らかく響かせます、
bg 003

この手のフォームはサムアウト(親指外側)でバロックリュートと同じようです、
bg 010

この楽器は①コースをシングルにしてあるのがわかります、
bg 002

この絵はまさにポーズをとって描かれているところ、
bg 005
リボンのストラップはあえて掛けないのが絵になるみたい、

最後にこの絵の楽器、ムスタッシュ(髭飾り)がオシャレです、
bg 004
この飾りは形どおり木材を切り抜いて上貼りやインレイにする、手のかかる仕事です、

これは現代の製作、
bg photo
これも響孔周りの飾りが細くすっきりしていいです、
装飾過多は好きじゃないので、仮に持つとしたら、こんなのがいい^^
響孔にパーチメントがあると子ネコは入れません。

追記:奇士さんからの情報で、こちらにも貼っておきます、
オークションに出されたオリジナル、バロックギターで1625年のマテオ・セラスらしい
(落札済みとのこと)
b g takeuchi
you tube:Matteo Sellas, circa 1625
演奏は竹内太郎氏、状態は良さそうです、

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
関連記事

category: Instruments

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1674-756cd174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック