FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

惑星系のでき方 2  

たびたび取り上げている話で、先日も珍しい「赤色矮星を周る巨大惑星」について書いたところです。原始惑星系円盤でどのように惑星ができていくのか、多くの謎があったようです。m

原始惑星系を廻る微小な塵やガスはやがて中心の原始星に呑み込まれるか、恒星風で吹き飛ばされるかで無くなってしまう、そうなる前に、質量を持った塊にならないと、惑星のような天体は残らない。
001c_20171110105157da8.jpg

先ごろ、アルマ望遠鏡が1000光年の距離にある「オリオン座V1247星」の二重になった塵の環を捉えた、
v1247-Ori-2017.jpg
アルマ望遠鏡が撮影したオリオン座V1247星
中心には若い星があり、環の明るい部分ほど塵の密度が高い、二重の環の間の暗い隙間にはすでに惑星ができている可能性があり、惑星が通るとその両脇に塵が掃き寄せられる、これが長く続くと塵が密集した状態に保たれ、合体成長しやすくなる、この現象をダストトラップ(塵を長く集めて置ける場所)と言い、惑星の材料の集まる所である。オリオン座V1247星は環の中でも密集した(画像では明るい)部分があり、このダストトラップが詳細に捉えられ、惑星形成シミュレーションとの整合性が確かめやすくなったとのことだ。
同様にダストトラップの見られる原始惑星系として2013年にもアルマ望遠鏡が「HD142527」を捉えている、
hd142527.jpg
HD142527:おおかみ座800光年

なお、これまで発見された系外惑星は巨大な惑星が中心星のすぐ近くを廻るホットジュピターが多い、もし太陽系の木星がそんな位置にあったら、地球などの小さな内惑星は存在できない、あるシナリオでは、木星が太陽に近づいていった頃、もう一つの巨大惑星、土星ができて、その重力が木星を引き止め、外縁部に移動させた、両者は軌道共鳴を起こし、現在の位置に安定している、太陽近くには、木星に吸収された残りの少ない材料で地球などの小さい惑星がちょうど良い位置にできた、ということだ。
そうだとすれば、地球と似た条件の惑星はそうざらにはない気がする;別の条件でも地球に似た環境が作られれば別だが。
title_201711101056387f8.jpg
大きさの比較のみ表している

ご覧いただき、ありがとうございました。


宇宙科学ランキング
関連記事

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1692-1dee5a87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック