FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

ハイドン「驚愕」のベスト盤 (独断)  

○○さん個人の感想です・・的、無責任シリーズ^^;

演奏者-録音技術者-聴き手(自分)が1本に繋がってピンとくるのが名盤、今日はハイドンの交響曲No.94「驚愕」を強引に絞って5つほど、
あまりに観賞歴が長い曲で頭がマヒ状態、並みの演奏は聴き流してしまうが、良い演奏はちゃんと引き付けて飽きない。

コリン・デイヴィス指揮、ロイヤル・コンセルトヘボウO.
1981年 PHILIPS
hay sym94 c davis
じつに折り目正しく、活気良く、引き締まった演奏で早くから印象に残っていた1つの理想の演奏だ。パート・バランスが良くPHILIPSの名録音でもある、
you tube:交響曲No.94ト長調 「驚愕」 コリン・デイヴィス指揮 RCO

ブルーノ・ヴァイル指揮、カペラ・コロニエンシス
2008年 Ars
hay sym94 weil
第一楽章、序奏は短い弓使いでサラリと行くが、主部は速くない、古楽orch.のvn群はあくまでしなやか、総奏での管やtimpのリズムが押し出し、がっちりした構えに聴かせる、trpが透明感のある響きで、[164]から長くcresc.をかけるのが効果的で爽快、
sc01c_2017111309155007b.jpg
ややマイクの離れた録音で会場の奥行きを感じ、各パートもよく聴ける。

ロイ・グッドマン指揮、ハノーヴァー・バンド
Helios 1993年
hay sym94 goodman
これも古楽orch.だが、活気に溢れ肉迫してくる、ヴァイル盤よりもマイクは接近した音響で、強奏でのパンチが効く。

アンタル・ドラティ指揮、フィルハーモニア・フンガリカ
DECCA 1970年
hay sym94 a d
C.デイヴィス盤と並ぶ好演、こちらは弦のしなやかさ、おっとり上品なメヌエットが特徴。
you tube:Symphony No 94 G major'Surprise', A.Dorati PH

ウォルフガング・サヴァリッシュ指揮、ウィーン交響楽団
DECCA(PHILIPS原盤)1961年
hay sym94 sawa
正統派サヴァリッシュの「驚愕」は少し意外だった、第一楽章主部は記憶する限り最もテンポが速い、しかし、しっかり決め、構築感も聴かせつつ、キビキビと巻き込んでいく感覚は他に聴けない魅力だ、第二楽章とメヌエットではウィーンのorch.らしい美音も聴かせる、終楽章はサヴァリッシュらしい決め方、録音も古い感じがなく鮮明、これもPHILIPSだ。
you tube:交響曲第94番「驚愕」W.サヴァリッシュ指揮 VSO
*動画ページには誤って"ウィーン・フィル"と記されている

ほか、全集のD.R.デイヴィス、J.L.コボス、G.セルなど良い「驚愕」を録音している。

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: F.J.ハイドン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1695-8348d74e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック