FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

J.S.バッハ「チェンバロ協奏曲No.1」ベスト盤(独断)  

○○さん個人の感想・・的、無責任シリーズ;
大バッハのcemb.協奏曲No.1ニ短調 BWV1052はいつ聴いても甘さを殺した深い味わいだ、
今日も強引に選んだ4枚、

第一楽章、はじめは刃金の通ったような曲相に魅了されたが、原曲のvnの技法をそのまま鍵盤に移したところが引き付ける、譜例1、2のような部分が20小節続く、
sc bwv1052 01
sc bwv1052 02
譜例1ではvnのA線の開放を弾きながら、同音異弦を響かせる、次はE線で出てくる、また譜例2はD線を延々と弾く、以上から失われたvnの原曲も同じニ短調だったと推定できる。
第二楽章も短調なのが一味違う(ト短調)、バスが同じテーマを繰り返し、ソロの即興性を帯びた妙技が乗る。
終楽章、エネルギッシュな楽章で内容も充実する、原曲vnの多様な技法が推察され、ソロのクライマックスというべき部分が素晴らしく、左手パートが力感を入れる(譜例3)、
sc bwv1052 03

古楽演奏が定着する前はK.リヒターの演奏をよく聴いた、独自の演奏スタイルで、同時期、他のバロック演奏家らの似たり寄ったりとは違っていた。第一楽章始まりから、鋼のように整い厚みを帯びたアンサンブルが引き付け、チェンバロ・ソロと整然一体となる。
k r bach cemb02k r bach cemb01
カール・リヒター:cemb.
ミュンヘン・バッハO
1971年 ARCHIV(LP)
 

you tube:Harpsichord Concerto in D minor BWV 1052, Karl Richter

そして、大御所G.レオンハルトの演奏は欠かせない、それまでは聴けなかった古楽器によるバロックの活き活きした切れ味を聴かせた、K.リヒターより前に録音されているが、それが手に入ったのは後だった気がする。(じつはカップリングされたC.P.エマヌエル・バッハの協奏曲ニ短調がもっと気に入っている^^)
g l bach cemb con
グスタフ・レオンハルト:cemb.
レオンハルト・コンソート
1967年 SEON

you tube:Concerto in D minor, 1. Allegro, BWV 1052 - Gustav Leonhardt

その後は、T.ピノック、T.コープマン、B.van.アスペレン、L.U.モーテンセン、O.ダントーネなど聴いてきた。

その中で、やはりT.ピノックの指さばき鮮やかな聴き応えは見事、程良い快速で、ほぼインテンポ、整然として、純度高く聴ける感じだ、譜例1の部分は二段鍵盤の上下を活用して響きを滑らかに重ねている。
20170614093705313_20171116084828564.jpg
トレヴァー・ピノック:cemb.
イングリッシュ・コンサート
1979年 ARCHIV(LP)

you tube:Concerto For Harpsichord And Strings In D Minor BWV 1052 T.Pinnock

もう一つ良かったのはO.ダントーネ盤、こちらはその後も進展した古楽奏法が反映し、弦楽の美しさも魅力の好演、譜例1の箇所は同鍵を左右の手で連打して引き付ける。
o d bach cemb
オッタヴィオ・ダントーネ:cemb.
アカデミア・ビザンチナ
2007年 L'OISEAU-LYRE


ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: J.S.バッハ

tb: 0   cm: 4

コメント

トレバーピノック

トレバーピノックのレコードでこの辺りの協奏曲を全て買いました。
当時既にデジタル録音でしたね。

MK #- | URL
2017/11/16 12:24 | edit

こんにちは
これ、面白いですね。
ピアノで左右の手が絡んでもつれそうな一で弾いてるのを見ると楽しいですが、
ずっと昔からやっていたんですね。
最初の楽譜は如何にも元ヴァイオリンですね。
楽器が変わっても面白さが死んでないところがまた面白いですね。

unagi #- | URL
2017/11/16 12:33 | edit

MKさん こんにちは

ちょうどこのシリーズの録音途中でデジタルにかわって、第1番はまだアナログでしたね、
シリーズ終りにかけて、音質が変わっていくのも面白いです。

michael #xNtCea2Y | URL
2017/11/16 13:56 | edit

unagiさん こんにちは

ここを鍵盤的にアレンジしてしまうと気が抜けちゃうかもしれませんね、バッハもそう思ったんじゃないでしょうか。O.ダントーネのCD写真はちょうどそこを弾く場面に見えます^^
T.ピノックは右手だけで、下鍵と上鍵を交互に弾く所もありました・・(たしか)

michael #xNtCea2Y | URL
2017/11/16 14:01 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1698-346a531a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック