FC2ブログ

Michael: Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

テレマン「バロック トランペット」の楽しみ  

先日の続編になるが、テレマンのtrpを用いた作品で、Tafelmusik第2集の最初にある組曲(序曲)ニ長調 がお馴染み、これも名手を要する曲だろう、第2集の終曲も同じ編成で魅力だ。
m
現代のtrpとobの関係とは違い、バロック期のtrpは室内的に柔らかく演奏され、またobは"室内のtrp"とも言われ、これらの響きは性質が近似してよく溶け合う、テレマンのTafelmusikの当曲(TWV 55:D1)はそこを味あわせてくれる、
naumann-trumpet1.jpg
trombadacacia_gross_large.jpg
上下ともバロックtrp、上はアサガオが前方向きになるが、下は横向きになる
baroque_oboe.jpg
バロックob

最初に古楽器で聴かせたのは、A.ヴェンツィンガーで、古楽の黎明期、演奏メンバーには、エドゥアルト・ミュラーなどG.レオンハルトが教えを受けた人もいる、
tele t m lp01tele t m lp02
アウグスト・ヴェンツィンガー指揮、バーゼル・スコラカントルム合奏団
trp:エドワード・タール、ob:ミシェル・ピゲ、vn:エドゥアルト・メルクス
1964-1965年録音 ARCHIV(LP)

この銀のレーベルを見ると今も特別な雰囲気がある^^
バロックtrpはE.タール、バロックobはM.ピゲ、またvnソロがE.メルクス、と古楽演奏初期の名手達、現在の古楽演奏から見れば模索の頃でもあったが、古楽器のtrpとobの意外なほどの溶け合いを聴いて、これぞ真の味わいと感じたしだい。フランス風序曲の始まりからtrpは名人芸を要求されるが、アレグロの中で、trpはobとともにトリルを奏でる、
tele sc01
各ソロ楽器は持ち味を活かし、trpが演奏できない旋律をobが上手くサポートしたり、また、vnパートと室内楽的に関わったり、繋ぎ役として巧みに活躍する、[72]からはロ短調となり、obソロの良いところだ。
tele sc02

ほかに、ムジカ・アンティクヮ・ケルンの演奏も闊達な演奏でテレマンの魅力を十分聴かせたが、新しいところで、ムジカ・アムフォンのTafelmusik全集の演奏が気に入っている。
tele t m
ピーター・ヤン・ベルダー指揮、ムジカ・アムフォン
trp:William Wroth、ob:Frank de Bruine
2003年録音 BRILLIANT CLASSICS

バロックtrpの技は向上し、William Wrothはブランデンブルクcon No.2でも名演を聴かせている、木管楽器レベルの装飾を聴かせたりする。

参考動画はバロックtrpによる演奏、序曲と終曲
telemann you tube
you tube:Telemann: Ouverture-Suite in D major, I: Ouverture, TWV 55:D1
you tube:Telemann: Conclusion in D major
(Musique de table/Tafelmusik)
Trumpet: Giuseppe Frau  Oboe: Go Arai  Violin: Ryo Terakado
Bremer Barockorchester

この動画で使われるtrpはhorn型に巻かれたタイプ、滑らかな高音は価値ある音だ。

PS.真鍮で作られた金管はどうやって曲げるのか、そのまま曲げようとすると管が平たく潰れてしまう、そこで真鍮より低い温度で溶ける金属(ハンダ等)を流し込み、固まってから曲げる、後で加熱してハンダを流し出す、なるほどと思ったv
因みに水道の塩ビ管をバーナーで曲げるときは砂を詰めるそうで^^;

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: G.P.テレマン

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは、michaelさん。バロック音楽を聴いていて、魅力的だなと感じる楽器は、オーボエですが、晴れ晴れと輝かしい音色を奏でるトランペットも魅力的ですね。

余談ですが、私も、実業高校出身なので、機械実習でエンジン動力のゴーカートを作る場面を見てました。金属パイプを曲げる時も中に砂を入れて曲げ加工をする事を思い出しました。

mino #- | URL
2017/11/18 12:01 | edit

minoさん こんばんは

大まかには砂を詰める方法で良さそうですね、管をきっちり円状にしたい
場合はハンダということに。

obにtrp、バロックの楽しみには不可欠ですね、flトラヴェルソやガンバ
の音も好きです。

michael #xNtCea2Y | URL
2017/11/18 18:56 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1700-759d5845
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック