FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

形だけのソファ  

気温の低い日が続き、先日降った雪も日陰では溶けず、夜はバリバリです、m
しかしこれだけ寒いからこそ、暖かい煮物など美味しいし、裸足でコタツに入ったときの極楽感は格別ですv 恥ずかしながら、うちのTVのある居間はこんな感じ、
003_20180127210821283.jpg
冬はコタツに入って、ソファは後ろの背もたれ兼物置き台と化しています^^; コタツは布団を外せばテーブルでオールシーズン使えるのでこのまま、冬以外も結局、床に座ってしまうので、ソファに座ることはめったにないです; すぐに寝転べる体勢が良いんですね、
こういう脚上げ台で少し高くすると、横向きに寝転ぶとき具合よいです、
asiage.jpg
TV観るときはすっかりダメ人間に浸っている^^;
いや人間だけじゃなく、コタツを準備しだしたら、犬も大喜びみたい!
you tube:こたつ天国の幕開けです
you tube:こたつの中の猫
*そう言えば、また昭和の話で; 初期の電気ごたつは暖まるのに時間がかかり、足に熱線を照射する感じでした、赤外線こたつが登場してからホンワカと暖かく快適でしたが、今はファン式で温風を出す仕組みのようです。

でも一応クラシック音楽聴くときは、リスニング椅子にちゃんと座り、ひと仕事する?みたいな体勢です。
昨夜はフェシュテティーチSQのハイドン 弦楽四重奏曲全集から最後の完成作品、No.82ヘ長調Hob.III:82を聴いた。
fe hay 77 2
No.82は「雲が行くまで待とう」の副題があるらしい、
やはりハイドンのSQはほっこり、コタツに入った気分v フェシュテティーチSQの雑味感のない申し分ない演奏で最後の充実したSQが聴ける、
第一楽章の[20]からが第二主題だろうか、[21],[23]の7度の響きが好きなところ、これが展開部でも聴きどころとなる。
sc hay sq 77 2
第二楽章、メヌエットPrestoは実質スケルツォの雰囲気で活気がある、
第三楽章はポリフォニックな書法を入れた変奏で充実、
終楽章は総奏音を鳴らしたあと、軽快なテーマに入る、民族音楽的なリズムの魅力を下地に楽しい外殻と緻密な内部構造をもつ、
you tubeにはモザイクSQの録音が挙がっていたが、これも同様に好演。
hay sq 77 2
you tube:J. Haydn - Hob III:82 - String Quartet Op. 77 No. 2 in F major

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: F.J.ハイドン

tb: 0   cm: 4

コメント

こんばんは
私もこたつに座椅子で年中だらだらしています。
妻には整体なんか行ってないでその姿勢を何とかしなさいと言われています。
その通りだと思う反面やめられません。
音楽を聴くとき椅子に座って背筋も伸ばす勢いなのも同じです。

unagi #- | URL
2018/01/27 19:57 | edit

unagiさん こんばんは

一日の最後はTV、座椅子、こたつ(飲み物おやつ付き)、で至福の時です、
やがて座椅子も外して寝転んだり、やめられませんね;
犬も猫も人間並みの記憶力で、次にどうなるか、すぐわかるようですね。

何かに集中するときは、おのずと姿勢を正しています。

michael #xNtCea2Y | URL
2018/01/27 21:35 | edit

こんばんは

30年近くコタツと縁のない生活をしていますが、脚上げ台の写真はインパクトがありますね。昔の記憶で、台をくっつけて横向きになる動作をすぐに脳内で再現出来ましたもの。ニッチなアタッチメントを考える才能は日本人てかなりのものではないかと思います。

quietplace #- | URL
2018/01/27 22:57 | edit

quietplaceさん こんばんは

大手メーカーは作らないけど、あると便利、という製品がホームセンター、
百円ショップなどにいっぱいありますね。
冬の衣類では毛玉取り機なども重宝します。

michael #xNtCea2Y | URL
2018/01/28 01:17 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1759-ffd4f9e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック