FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

序曲を楽しむ 1  

昨日はゆったりコタツ気分、の話だったが、今日は心地よく身の引き締まるような曲、
となるといろいろあるが、まず思いついたのが、シューマンの「マンフレッド」序曲、こういう、じわじわ迫りくるような主題で引きつけるのは、やはりシューマン、とくに好きなのがウォルフガング・サヴァリッシュ指揮、SKD(1972年)である。
このyou tubeも音源はLP盤のようだ。
sawa manf
you tube:シューマン「マンフレッド序曲」-サヴァリシュ/ドレスデン国立歌劇場O
1972/9 ルカ教会
サヴァリッシュ先生が振っているのを寝転んでは聴けない^^;
2002年にフィラデルフィアOを指揮した録音もあるが、気迫はSKD盤が伝わってくる、正当派ながら自然と湧きあがる力感とテンポの推進力で常にきりっと引き締まる。
スコアの[131]、"pp"から突如"f"へと、弦とファゴットのみで立ち上がるところ、
sc04_20160917155956537_20180128101713a4e.jpg
意外なほど力感を込めるが、サヴァリッシュらしい目の覚めるような気合い、ブラームス交響曲の演奏でもこうした場面があった。

もう一つ、フルトヴェングラー指揮、BPOの1949年の録音があったので聴いてみた、音質はかなり良い、
fu sch manf
tou tube:Schumann - Manfred Overture Op. 115 (1852) - Furtwangler, BPO, 1949
たしかに、フルトヴェングラーらしいキレっぷりで聴かせ、これも魅力だが、サヴァリッシュの覇気も負けていないと思う。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: シューマン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1760-3d90c8fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック