FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

助六寿司  

今日も「昭和シリーズ」かな、m
昔、うちの小学校では、なぜか遠足や運動会の弁当は各家、自家製の助六寿司を持って行くというのが、慣わしになっていました^^;それがいつ始まり、いつまで続いたか不明です;
自分でも簾を使って海苔巻きをよく作りました。
makisu.jpgsukeroku01.jpg
そんな経緯で、上ネタのにぎり寿司も良いですが、昔から好きなのが、良く出来た助六寿司なんです。しかし近頃はスーパー、コンビニなどにある助六(もどき)の海苔巻きは、ツナ、カニかまぼこ、レタスなんかが入ってたりして、がっかりします、昔ながらの本物の海苔巻きは、うまく味付けした干瓢や椎茸がたっぷり入っています、稲荷のアゲも一緒に味付けしてある、具はほかにキュウリ、卵焼き、好みで紅ショウガ、田麩など入れますが、旨ければ単に干瓢巻きでもいいくらい、
sukeroku02.jpg
こうじゃないと、助六と認められない;寿司飯が美味いのも当然、満足いくのは名古屋の老舗、東鮓あたりで買うか、自分家で作るしかないか^^;

因みに「助六」と呼ばれるのは、江戸時代、歌舞伎の市川團十郎家の十八番、「助六所縁江戸桜」が大ヒットして、主人公の助六の愛人が「揚巻」という名で、油げとき寿司の洒落から、稲荷寿司と海苔巻きが折り詰めにされたのが始まりだそうだ、
Sukeroku.jpg
また当時は倹約令が出されており、江戸前の魚を使ったにぎり寿司は贅沢とされたらしい。

もう一つ好きなのが酢鯖に昆布を被せた押し寿司「松前寿司」です、
matumae.jpg
これも良く出来たのはとても美味しく飽きません、子供の頃、名古屋の地下街へ行くと、持ち帰りでよく買ってもらった記憶。

いずれも上ネタではないが手間はかかる、良く出来ていれば上ネタ寿司に勝る満足感です、これが経木の折り箱に入ってたら最高だけど^^今やそれが贅沢?;
今度名古屋に行ったら買ってこようかな。

PS.あのドでかい、エホー巻きってのも好きじゃない;
ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 4

コメント

こんばんは

歌舞伎はご無沙汰なんですが、絵の写真を見て久々にワクワクしました。助六は團十郎で2度、海老蔵で1度見ていまして、團十郎は台詞回しが楽しく、海老蔵のは早口かつ進行がスピーディーでしたね。海老蔵Ver.では珍しい最後の水入りがあったのですが(揚巻は福助だったな)、この時に印象的だったのは照明。暗いオレンジ色というか、歌舞伎の夜の世界の表現が記憶に残っています。

quietplace #- | URL
2018/02/01 19:35 | edit

quietplaceさん こんばんは

現代の歌舞伎は電気の照明で自在な演出効果が可能ですね、奈落も電動ですし^^
電気のない昔は昼間の興業で、外光を取り入れ、さっと開け閉めできる揚げ戸や格子戸で暗転を行ったそうです、また黒子が竿にロウソクを立て、役者にスポットを当てたそうです、そんな再現も地方文化財の歌舞伎舞台で行われるらしいですが面白そうです。

michael #xNtCea2Y | URL
2018/02/01 20:20 | edit

助六寿司 大好きです)^o^(
この記事、名前の由来もよくわかって、勉強になりますね!

>しかし近頃はスーパー、コンビニなどにある助六(もどき)の海苔巻きは、ツナ、カニかまぼこ、レタスなんかが入ってたりして、がっかりします、
⇨あ〜これもわかります、サラダ巻きならサラダ巻きでいいんですが、助六に入ってるのはやっぱり、昔ながらの海苔巻きらしい海苔巻きであってほしいです。

>あのドでかい、エホー巻きってのも好きじゃない
⇨注文しすぎて余った恵方巻きや、その材料が、大量に廃棄されてる様子をニュースでやってましたね。私はそもそもクリスチャンなので方角で縁起を担ぐなんてこと全くしませんが、そうでなくてもこんな状況を目の当たりにすると、恵方巻きが福を呼び込むなんてとても思えなくなりますね。まあそれ以前に、そもそも恵方巻きより普通の太巻きの方が好きですし。笑

私はタワシ #5eVrhZok | URL
2018/02/09 08:48 | edit

タワシさん こんばんは

恵方巻きって、1998年に始まった商業的に仕組まれた風習だそうで、歴史的根拠はないそうですね;だからぜんぜん買う気しませんし、食べきれないような大きな寿司、もったいないとしか思えません。
それより、美味し~い助六が食べたいです^^

michael #xNtCea2Y | URL
2018/02/10 00:47 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1764-801798af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック