FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

序曲を楽しむ 4  

オペレッタは19世紀半ば、パリに始まり、「天国と地獄」でお馴染みのオッフェンバックなどが人気となり、これがウィーンにも及んだ、ドイツ語圏ではスッペ、J.シュトラウス2世、レハールほか名だたる作曲家がいたわけだが、はじめJ.シュトラウス2世はオペレッタを手がける気はなかったそうだ、スッペが既に大成功を収めていて、参入の余地はないと思ったらしい。しかし周囲の強い勧めでオペレッタを書くことになり、確かな成功を収めたのは3作目でこれが「こうもり」だった。この序曲はお得意のワルツ、ポルカを組み込んだJ.シュトラウスの魅力が見事にまとめられている。

最も好きな音盤からF.フリッチャイ、60年代DGの好録音で収められた名演で、ブラスやパーカッションが明確に効いているのが痛快、しなやかな弦楽も味わい深い、48歳で亡くなった、F.フリッチャイ晩年近い録音でもある。
f f j st
you tube:Johann Strauss : Ouverture from Die Fledermaus - Ferenc Fricsay and Berlin Radio Orchestra
フェレンツ・フリッチャイ指揮、ベルリン放送SO
1961年 ベルリン、イエス・キリスト教会


次はカルロス・クライバー、バイエルン国立Oの日本公演から、アンコール曲のようだ、
c k j st
you tube:Carlos Kleiber -Johann Strauss II "Die Fledermaus"
カルロス・クライバー指揮、バイエルン国立管弦楽団

次はK.ベーム指揮、VPO
k b j st
you tube:"El Murcielago" (Die Fledermaus) de J. Strauss
カール・ベーム指揮、ウィーン・フィルハーモニーO
全曲収録の一部でオーケストラ・ピット内だ、きっちり折り目正しい演奏。

幼少の頃、見聞きしたものは頭に焼き付く、
自分にとって「こうもり」序曲とは、これなのだ!^^
tom jerry 04
you tube:Tom and Jerry in the Hollywood Bowl
セリフなしで意思が伝わる7分程の活きた動画、これが本当のアニメーションだと思うが、今の日本でTV放送しているのは動きの付いた紙芝居だ。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: その他・ロマン派

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1765-680c17e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック