FC2ブログ

Michael: Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

謎だらけのバロック  

たとえばバッハのブランデンブルク協奏曲 No.3の中間楽章?Adagioは2つの和音が示してあるだけで、終楽章へ続く、というのはわかるが、実際何をやったらよいのか推測するしかない、 
bach br no 3
各演奏家がどうするかも面白いところ。

フライブルグ・バロックO、最小限の慎重な?対応、
f b bra 3
you tube:Bach: Brandenburg Concerto No. 3 in G major, BWV 1048 (Freiburger Barockorchester)

アバド指揮:モーツァルトO、チェンバロのO.ダントーネがソロを弾いている、
c a bra 3
you tube:Bach: Brandenburg Concerto No. 3 in G major, BWV 1048 (Orchestra Mozart, Claudio Abbado)
*弦楽器はモダンだが、バロック弓を用いている。

さて、リュート曲にも謎がいっぱいあって困る^^;
今練習している1つ、S.L.Weissのフーガ ニ短調だが、整然としたフーガの終わり近く、紫のところは、下から[ソ、シ♭、ミ♭、ソ]のナポリ6度が入る、
weiss fuga
続く下の段には、わざわざ長い空白(オレンジ)を置いて終結が書かれている、この空白は、何か即興を入れろというところか?わからないが、そのまま終結に繋いでも自然なので跳ばして弾いている;
y i weiss fuga
you tube:Silvius Leopold Weiss - Fugue in D Minor
今村氏はきちんと消音して、各声部が明快に歌っている。

もう一つ、このフーガの前に付けたい、プレリュード ニ短調、これは2重奏の片割れではないかと指摘されている、
weiss pre
2段目のAdagioと書かれたあと、オレンジで括ったように2分音符の音価で和音が2つ、次に同じ音価でパッセージがあり、また和音、この2分音符の間が独奏にしては長いというか、単純すぎるので、合方が何か弾いているんじゃないかと?
とは言え、よく演奏されるプレリュードで独奏曲として扱われる、片パートゆえに"動と静"があって面白いかも;
この参考になる良い動画はなかった。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: その他・バロック

tb: 0   cm: 6

コメント

ヴァイスのフーガ

いつも参考がてら拝見させて頂いています。オレンジの部分ですが、主題を入れたら、と感じる時があります。


老彈 #- | URL
2018/02/19 11:51 | edit

こんにちは
これ、おもしろいですね。
文字による説明が残っていないところがまた面白いですね・・
勤務中だけど書いちゃった。

unagi #- | URL
2018/02/19 12:42 | edit

こんばんは。
ロンドン版は1ページあたりタブが8段ですね。
フーガの最終楽章は8段目におさまらなかったので、
段の最後のすぐ下に付け足したのでは?
と思っています。

むしろ謎なのは、前のページが最初の4段が空白で、
5段目から書き始めていることですね。

奇士 #nLnvUwLc | URL
2018/02/19 22:32 | edit

老彈さん こんばんは
コメントありがとうございます。

たしかにここ、主題を1回入れるとうまく収まりますね、ritかけて最後は少し雪崩れて、減速して終わるとか・・

michael #xNtCea2Y | URL
2018/02/20 01:24 | edit

unagiさん こんばんは

こういう、探偵の謎解きみたいなことをいつもやってるんです^^;
証人は皆、この世にいないので、状況証拠で探るしかないですが;

michael #xNtCea2Y | URL
2018/02/20 01:26 | edit

奇士さん こんばんは

タブの線は白紙に六線ペンで引いたでしょうから、下段に加えたんでしょうね、最後に詰めて書いてあるのはすぐ下で見やすいからか、空白の部分に点々があるのも謎;

>前のページが最初の4段が空白
後から何か書き加える予定だったのか?謎;;

michael #xNtCea2Y | URL
2018/02/20 01:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1782-5a460cb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック