FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

C.アラウ:ブラームス pf協奏曲 No.1  

ショパン、メンデルスゾーン、チャイコフスキーなどの曲には甘い囁き?(あるいは女性を引きつける思惑^^;)みたいなもんを感じるが、ブラームスにはそんな欠片もなく、コッテコテに男性的、ベートーヴェンも大方、そんな感じか。

今日はクラウディオ・アラウのブラームス pf協奏曲No.1 ニ短調、
1969年の録音でアラウ66歳頃、まだ老巨匠とはいかないが、演奏家では壮年期だろう、そろそろ老練な味も出てくる頃かもしれない。
E.ギレリスの豪腕でビシっと決めた、O.ヨッフム指揮、BPOとの録音も圧巻で名盤だと思うが、アラウは大らかで、味のあるテンポルバートを入れ、ロマン的な趣も聴かせる。ハイティンク指揮、RCOも絶妙に反応して整っている。
c a br pf con1
クラウディオ・アラウ:pf
ベルナルト・ハイティンク指揮、ロイヤル・コンセルトヘボウO
1969年 PHILIPS原盤

you tube:Claudio Arrau Brahms Concerto 1 (Bernard Haitink: Concertgebouw Orchestra)

第一楽章に登場する主題は先般、「ツィメルマン:ブラームス ピアノ協奏曲 No.1」 の記事に載せたが、「次はこれかな」と予感させたり、意外だったり、飽きることはない。ピアノとorch.が対等な重要性を持つ感じだ。第一主題は力強いトリルが効いているが、pfソロが始まって一旦終わり、orch.による第一主題が圧縮されて低音と上声でカノンになる、
sc01_20180220104046ff9.jpg
sc02_20180221132230d9b.jpg
一段と迫りくるようでいいところだ。
また、再現部と思うがpfが冒頭の形で弾くとき、
sc03_20180220104049265.jpg
このトリルの締めくくりの所を素早く弾くのは困難のようで、やや武骨になるが、それが力感となって聴こえる、
第二楽章の神聖な雰囲気もアラウはさすが繊細に聴かせる。
終楽章は結構快速、たたみ込むように熱気を帯びた演奏で引きつける。

これは演奏者による違いが楽しめる曲だが、手がけないピアニストもいる、指揮者でもカラヤンは一度も取り上げなかったそうだ(No.2はやってるけど)。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: ブラームス

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1783-faa0e154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック