FC2ブログ

Micha: Classic音楽とLuteの楽しみ

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

DMMカッティングのLP  

アナログ盤時代にも音質向上のため様々な技術が開発され、振り返ってみると面白い。
その1つにDMM(ダイレクト メタル マスタリング)というのがあり、手持ち盤に2枚あった、
通常のレコード盤の製造法はざっと以下のような行程で、ラッカー盤からスタンパーまで凹面,凸面・・とメッキ加工で転写され、スタンパーでプレスしてレコード盤が出来上がる。

マスター音源(磁気テープ等)
  ↓カッティング
ラッカー盤マスター盤マザー盤スタンパーレコード

柔らかいラッカー盤から、硬い金属のスタンパーへと転写されるところ、DMMはマザー盤(銅盤)に直接カッティングする方法で、前の行程が2つ省かれ、転写の繰り返しによる情報劣化が少ないとのことだが、音質を良くする一要素だろう、総合的に良くないと意味はない。
TELDEC-DMM.jpg
テルデックのDMMカッターマシン
不思議に思うのは、よくこの旋盤加工にも似た方法でppのデリケートな音楽まで記録できるもんだ、とか、カッターマシンのカッター針が盤面を彫っていく際に多少なりとも切削音が発生する?と思うのだが、あくまで音溝に反映するのは"録音された音"のみで切削音は入らない、また再生時にも塩化ビニル盤の無音部分は本当に滑らかでノイズの支障なし、という都合の良さ^^発明が良かったのか技術が凄いのか?
重量300トン前後もの旅客機が空を飛べるってのも都合良すぎてウソみたいだが現実だ;

最近取り寄せた、ハイドンsym No.94&101のドラティ盤がDMMだった、
dmm 01dmm 02
DECCA
意外だったのはA面のNo.94「驚愕」がすいぶん細溝のカッティングで内側がだいぶ余っている、普通こういうカッティングは中低域の痩せた薄っぺらなバランスにされているが、このLPはボリュームを高めにすると、HiFiバランスで十分厚みをもった音が再生される、歪みも押さえられ、DMMならではのカッティングに思える、*クリーニングはしっかりやる必要がある;

もう1枚、過去にも記事にしたO.スウィトナーのシューベルトsym No.5 &「未完成」のLP、
dmm 03dmm 04
エテルナ(D.シャルプラッテン)
これはデジタル音源で同録音がDENONからもPCM録音のLPとしても出ているが、それをDMM方式でアナログ盤に仕上げているのが興味深い、確かに針を下ろせば最上の逸品だ。

アナログ盤は同じマスター音源からカッティングし直された盤が出ていて、その度にエンジニアの技が反映して面白い、スタンパーはプレスのたびに劣化するので、出来たてのスタンパーでプレスされたものが良い。と言っても選べないが;

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: オーディオ

tb: 0   cm: 4

コメント

こんばんは。

michaelさん、こんばんは。

我が家にもDMM盤何枚かあります。DMMでない通常LPとの聞き比べができれば面白いかも。

それにしても、レコードって、あの細い溝にあれだけクリアで情報量の多い音楽が刻まれていること自体驚きですし、そういうレコードが当たり前のように大量生産されていたって凄いことだなあと思います。

ばけぺん #- | URL
2018/03/15 20:02 | edit

ばけぺんさん こんばんは

>あの細い溝に
本当にこの方法でオーケストラの沢山の楽器が分離して聴こえるのが、
今考えても不思議なくらいです;

レコード盤はCDと違って1枚ずつに職人技を感じますが、
塩化ビニル盤の耐久性も凄いです、大切に扱えば一生聴けますね。

michael #xNtCea2Y | URL
2018/03/15 22:25 | edit

こんばんは。
SPレコードもダイレクトカッティングですが、何故かそう呼ばれることはありませんね ^^;

昔むかし、名古屋に小◯レコードと言う伝説のレコード店がございました。
そこに置いてあるのは市販品とは異なる特別プレスの当別音の良いレコード、などと店主が言っていたとか。
しかも、気に入った相手にしか売らないと言う・・・

私は前を通ったことがあるだけです。

奇士 #nLnvUwLc | URL
2018/03/15 23:13 | edit

奇士さん こんばんは

>SPレコードもダイレクトカッティング
この当時はこの方法しかなかったとか;いつの時代も技術のギリギリ限界に挑戦してきたように見えます。

>市販品とは異なる特別プレス
ってそういう品はどういうスジから入るんでしょうね^^店に出入りするのもかなりのマニアだったり、怖い物見たさで遠くから覗いてみたい気もしますが;

michael #xNtCea2Y | URL
2018/03/15 23:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1806-d86ce48c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック