FC2ブログ

Micha: Classic音楽とLuteの楽しみ

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

昭和の飲料(ガラス瓶)  

資源ごみ回収を見ていると缶、ペットボトルが圧倒的に多く、ガラス瓶は今も、無色、青緑、茶色が殆どのようだ。
 
子供の頃親しんだサイダーや大人のビールは各メーカー、ガラス瓶は統一規格で回収してそのまま再利用していた、ガラスの瓶にも「三ツ矢サイダー」など一応メーカーの刻印があったが、別メーカーがそれにラベルを貼って使っていたりした;
mituya saida
子供のサイダーさえ、ガラス瓶からガラスのコップに注ぐから美味しいと思う、ペットボトルや紙パックから、紙コップに注ぐとチープで味気ない、

なんだかキリンレモンが好きだったので、いつも酒屋さんにワンケース持ってきてもらった、今もあるがペットボトルだ;
kirinremon03.jpgkirin remon

炭酸飲料は栓を開けたら気が抜けてしまうが飲みかけの瓶に使うボトルキャップは重宝した、
Bottle cap

ワインも今のようにコルク栓の本格ワインなんて普通にはなかった、憶えているのは「赤玉ポートワイン」かな、アルコールは有るがワインシロップに近い感じで、これをキリンレモンで割ると懐かしい風味が蘇る。
akadama.jpg

PS.かき氷なんかも、せめてこれくらいのガラス器がいい、
kakigori.jpg
金属スプーンでサクサク溶かしながらが美味しい、発泡スチロールのカップとスプーンストロー、てのは味気ない;

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 2

コメント

瓶ビール好きだったのですが

今や瓶ビールは、風前の灯火。
回収費用や輸送費高騰に負け、今回値上げを余儀なくされたとか。
某大手でも瓶入りに拘る「ハートランドビール」が大好きな清涼飲料水(私は麦酒こそ、本物の清涼飲料水と考えます(笑))でしたが、現在ドクターストップのため、飲めません。
と云うより飲むとアッチの世界に旅立たねばなりません。
ペットボトルは、軽量ですが通気性があるため、炭酸飲料の場合コーティングが必要ですね。
瓶入りの方がペットボトルに比べ美味しい筈なのですが、何もかもお手軽な世の中にマッチしないようです。
王冠の上をおまじないのように栓抜きでコンコンと叩いて、栓抜きで開け、透明なカラスコップに注ぐビールやサイダー。
私のような昭和30年代初頭生まれには、それが当たり前でした。
嫌な時代になったものです。

MK #- | URL
2018/04/08 17:31 | edit

MKさん こんばんは

本当に器の違いって味に来るもんだと思います、グラスの飲み口なども、各飲み物に応じて味わうのに適したの形状になっているようですし。
私は元々アルコールがだめで少ーししか飲めませんが、それでもガラス器がいいです;
屋外の花見はともかく、店の中の宴席ではさすがに瓶のビールじゃないとサマにならないので、そこだけは残っていくかもしれませんが。
ドクターストップはお辛いかと思いますが、何よりお体を大切になさってください。

michael #xNtCea2Y | URL
2018/04/09 01:48 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1830-3c822c8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック