FC2ブログ

Micha: Classic音楽とLuteの楽しみ

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

スティールパン  

何を思いついたのか、息子がこの楽器を買った^^;ひとまず初心者向けを、 
st pan e
スティールパンという楽器は、カリブ海南端の島国、トリニダード・トバゴ共和国で発明されたそうで、1939年、ウインストン・スプリー・サイモンという人があちこち凹んだドラム缶を直そうと叩いた際、叩く場所で音程が変わるのに気づき、スティールパンの元となる楽器を作ったそうだ。
まず、缶の叩く面を全体に凹面にして、さらに大小の凹面(又は凸面)をつけただけ、こんなにシンプルな構造で立派に音階を奏でることができ、"ピャン"という独特の余韻は他の楽器では絶対に出せない音で面白い。音響的構造は凹みの部分が音程を作り出し、残った面が共鳴板になっているような、合理的な構造だ。
弦楽器や管楽器など、大抵の楽器は長い歴史の中で洗練され、機能を高めてきたが、スティールパンは、いきなり完成、といえるかもしれない^^そういう意味でも傑作楽器だろう、適切な缶があれば自作も可能だがチューニング加工は難しいそうだ。

名手によるハイテクニックな演奏もある、
st pan
you tube:Mario Bros. Theme by Steelpan solo
なぜか、スーパーマリオの曲がぴったりくる、この楽器を想定して書かれたみたいな?^^

技はなくてもバンドを組んで、timpみたいな音程打楽器として、2~4音だけ鳴らしても効果的に使えそうだ。様々なバリエーションが作られているが、やはり最もベーシックなタイプの音が良いと思う。
st pan02
you tube:"Under The Sea" performed on Steel Drum from The Little Mermaid

上記の初心者向けでも立派にスティールパンの音がする、量産タイプとはいえ、チューニング(板金?)は手作業でしっかりされている。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: 楽器について

tb: 0   cm: 2

コメント

息子さん、これはまた、面白い楽器に目をつけましたね〜
私は楽器の本(事典?図鑑?)でしか、見たことないです。
息子さん、バンドか何かの音楽活動をされているのですか? このの楽器で、どんなシチュエーションでどんな曲を演奏するのか興味があります!

私はタワシ #5eVrhZok | URL
2018/04/12 09:16 | edit

タワシさん こんばんは

こんな加工をするだけで、普通の缶の底を叩くのとはまるで違った音楽的な音になるのが不思議です;良い音が出るには適切な素材とプロの手が要るようですが。
息子はレコード盤を使う"DJ"ってのをやっています、何故要るのか詳しくはわかりませんが^^;

michael #xNtCea2Y | URL
2018/04/12 21:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1833-983b0eb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック