Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

カラヤンのベートヴェン「田園」'62年  

脈絡がないですが、カラヤン、BPOのベートーヴェン交響曲第6番です^^;
このところ古楽系に浸っていましたので、ちょっと耳直し、対極的なところを聴くのも新鮮かと・・

be 5 6 kara

3度のステレオ録音のうち、全般には最初の60年代録音がやはり好きですね、録音も最も好音質ですし。
この62年録音は過去にLP盤ももっていましたが、最初第一楽章に針を下ろしたとき、やけに音量が小さいと思いました、ボリュームを上げると針トレース音が目立つだけ、録音のレンジを下げているのではなく、本当に控えめの音量で演奏しているんですね、しかしそれなりに味わい深く聴かせていきます。第二楽章も控えめ、B面に針を下ろすとスケルツォの始まりはやはり控えめ、クラリネットの上手さと美しい音が印象的です。やがて嵐の描写に入ると驚くほどの大音響となります、ここにダイナミックレンジを合わせた演奏設定だったわけです。しかしブラスは清朗な響きなので喧しいと感じさせないのは流石、上手くて量感たっぷりなコントラバス軍団も強力な下支えとなります。終楽章はゆっくり、遠慮なくBPOの弦の魅力、渋い輝きを沸き立つように堪能させます。全体には例によってレガート基調、あえて拍打ちを明確にせず、聴き手を前へ前へと押し流していく、そんな感覚です。
CDになってはじめてノイズに邪魔されず、この演奏設定をしっかり聴けるようになりました。こういう演奏が聴けるのはカラヤン、BPOだけでしょう、独自の価値を持っていると思います。
関連記事

category: ベートーヴェン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/184-02e73335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター