Micha: Classic音楽とLuteの楽しみ

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

カッコ良く?  

昔からギターというとラテン系の作品が多く、情緒があり、リズミカルで官能的だったり、ラスゲアート(掻き鳴らし奏法)も切れ味よく、びしっと決めないといけない; 
古くはバロックギター作品、ボッケリーニ、F.タレガ、編曲ものでアルベニスやグラナドス、南米陣のヴィラ・ロボス、A.バリオス等も主要なレパートリーだ。(古典派期のF.ソル、アグアドなど民族性を廃した例外もあるが)
アルベニスのコルドバなど好きな曲だけど;
j w guitar
you tube:John Williams | Cordoba | Isaac Albeniz
すごく難しい;
バロックギターを1棹だけ持っているが;音楽の性格は近いところがあり、格好良く決めるというイメージ、
b gutar
you tubeMiguel: Rincon | Santiago de Murcia & Gaspar Sanz
聴く分には好きなんだけど、弾くとなると、どうも自分らしくないな;という気がする^^;

リュートならオッサンが難しそうにえっちらほっちら弾いてても、まあ許容される雰囲気かな?と思い込んでやっている;オリジナル曲が好きなことも大きいが。
r b lute
you tube:Sonata in C Major by Conradi for Baroque Lute Performed by Robert Barto

PS.N.ノース氏もローデドNG弦を使っているようだ。
n north 02
you tube:Lute 101 with Nigel North

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: 楽器について

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1866-2fd6554d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック