Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

B.クイケン:モーツァルト fl協奏曲No.2  

あまり長くなく、作曲家の魅力が詰まっている協奏曲の傑作というと、ハイドンならtp協奏曲、モーツァルトではfl協奏曲No.2あたりでしょうか、オーボエ編もいいですが。
録音としては古いほうになりますが、fl協奏曲No.2の名演としてまずあげたいのが、バルトルド・クイケンのフラウト・トラベルソ、S.クイケン指揮、ラ・プティット・バンドによる演奏です。

moz fl k

デジタル初期らしく、やや高域が強調された音ですが聴きづらいほどではありません。
バロックでも親しんだB.クイケンのトラベルソが何より味わい深い、安定した技術のみならず、この楽器の翳りを帯びた慈味を最初に聴かせてくれました。
トラベルソによるモーツァルト協奏曲の録音はこれが最初だったかもしれません?とても新鮮でした。
第一楽章、ソロが始まり、例の長ーく引く音、ノン・ヴィブラートのくすんだ響きが空気に溶けるような感じで素晴らしい、B.クイケンの安定した技、トラベルソの音量内での奥行きいっぱいの表現、兄S.クイケンのバックはぴたり質を揃えた繊細な伴奏で支えます。
第二楽章、まずオケはバス部を少し切りぎみにリズムを表出、淡々とした表情で始まります、そこにトラベルソがレガートに入ります、ここではB.クイケンは無伴奏曲を吹いているかのように、かすかな弱音まで用いた孤独な雰囲気となります。雑念を全てはらい、慈愛だけを残したように歌いあげます・・オケも大切に息を合わせ、これはじーんときます。
第三楽章でほっと平常心に戻してくれるのも感動的なんですね。この曲はあまり長々としたカデンツァの演奏はいらないですね。
とにかく、この第二楽章の演奏を聴いて以来、ちょっとやそっとの演奏じゃ、そっけなく感じるようになってしまいました;ハイドンtp協奏曲の第二楽章も同様・・じーんとこなきゃいけませんね^^
関連記事

category: モーツァルト

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/187-d2bf567d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター