FC2ブログ

Micha: Classic音楽・Lute・宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

65kg  

リュートの響板はこのように響孔から懐中電灯の明かりを入れると提灯のように内部が透けるほど薄い(2mm以下?)
11c lute
13コースバロックluteでは弦を24本張るが、1本当りの張力は平均2.7kg程度とおそらく弦楽器の中で一番緩いと思う、しかし24本の合計で約65kgになる、
(*ちなみにクラシックguitarは6本で45kg前後)
seisansiki.jpg
strings_201805241046558f2.jpg
13コースリュート張力計算表
この薄い響板に細いブリッジをニカワ接着しただけのところに大人1人がぶら下がるのと同じ力がかかる;
002_20180524110659bef.jpggt02_20180524110658521.jpg
騙されている気がする;これで壊れるなというのが無理というか、もっと緩くするのが正しいだろうと思う。

ルネサンス期のリュートは初め6コースくらいで、張力合計約30kg、楽器の構造に対し健全でこれが完成形に思うが、
6c lute
6コースlute
時代が下り、音楽の求めに応じて低音コースが増えていった、少コースのリュートを改造したのもあった、バロック後期には13コースになり、壊れる寸前で持ちこたえている?
あまり気にすると精神衛生によくない^^;

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: リュート

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは。

こうして改めて計算を見ますと、たしかに、とてつもない力がかかってますねえ。

バーを追加して補強はしてるようですが、やはり無理してるよなあと思います。バロックリュートの13コースは、要請上の追加とはいえ、弾き終わったら、すぐに緩めておかないと長期の間には大抵、変形(塑性変形)してしまうように思います。
で、次第に指板修正、割れ、変形に対処しなくてはいけなく、蓋を開けることになる・・・。
バロックリュートの宿命でしょうか。

白クマ #3RslAkh6 | URL
2018/05/24 20:13 | edit

白クマさん こんばんは

バーの追加も大した補強になっていない気がしますね;
弦長の長い楽器ほど、変形の影響が大きく出て、ハイポジションが弾きづらくなりますね、塑性変形に限界点?があって、そこで止まってくれるといいんですが;・・
まあ全体にはヤワな楽器ですね;

michael #xNtCea2Y | URL
2018/05/24 22:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1877-e37c76b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック