FC2ブログ

Micha: Classic音楽・Lute・宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

スウィトナー:Dvorak Sym No.9  

「新世界より」もメロディアスな主題が常に流れていて、音階の4度、7度が抜かれた民謡調の旋律が多いことから親しみやすい曲で、普段はあまり聴かないが、先日のスウィトナーの「第8番」が非常に良かったので、久々に取り出した。 
特異というわけではないが、他の多くの演奏とは根元が違う音楽作りに思える、SKBの演奏はBPOのように上手すぎるという感覚ではなく、大事なところを押さえ、各楽器の天然な持ち味を放ってくる大らかさ?もまた良い。
D.シャルプラッテンの録音はまだアナログ期だが、CD化された音はその後の録音と区別つかない、スウィトナーの美質と優秀な録音が一体となって楽しめる気がする。
sui dvo sym 9
ドヴォルザーク交響曲第9番ホ短調op.95「新世界より」
オットマール・スウィトナー指揮
シュターツカペレ・ベルリン
1978年 D.シャルプラッテン


第1楽章、いつもどおり低域にエネルギーを寄せ、vn群は涼やかだ、序奏では[5]の休符に溜めを置き次の木管が奏でる、ここで引き付けられる、
sc01 1
主部は快速ぎみ、さほど切り立てず、行書的タッチだが張り詰めた感覚があり、終始透明感のあるサウンドが味わい深い、弱奏をぐっと押さえ対比が効果的、強奏は金管、timpが豪快に担う、第2主題のflと続くvnは一際柔和で穏やか、
sc01 149
提示部を反復しているので、[177~180]を珍しく聴ける、
sc01 174
展開部はブラームスのような対位法的書法は少ないが、転調とvnの最高域を多用したorchestrationの巧みさで聴かせる。スウィトナーは終結部を加速し、活き活きと終わる。
第2楽章、程よいテンポ(11:25)、イングリッシュホルンに始まり、[26]からpppの弦がきめ細かく密やか、第一楽章の再現も入る。
sc02 26
情感豊かな和声も見事な楽章だがスウィトナーは一段と溶け合い美しく聴かせる、
第3楽章、Molto vivaceでスケルツォ楽章になるが、快速なテンポをとり、キレは抜群、[68]からPoco sostenutoで長閑になる、また第一楽章の再現も入る、気分を変えてはスケルツォの活気に戻る。
終楽章も快速ぎみに行く、弦の爽快な流れ、金管、timpの切り込み、木管やhornの味わいも聴かせる、1か所弱奏のシンバルも明快、各楽章のテーマが回想され、加速して終わる。
同演奏の動画、
sui dvo sym 9 you
you tube:スイトナー指揮ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: ドヴォルザーク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1879-7e5dfe10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック