FC2ブログ

Micha: Classic音楽・Lute・宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

バーンスタイン:Beethoven Sym No.8  

昨日のツバメの巣、孵化したようで雛の嘴がちらっと見え隠れするが、巣が深いせいかこの角度から撮り辛い;もう少し成長すれば撮れるかも。 
tubame 6 5
子は巣を出てもしばらくは親のそばにいて、独り立ちできるまで世話をしてもらう。

さて、今までほとんど聴いた記憶のないバーンスタインのBeethoven Symphony、まとめて聴けるよう全集を取り寄せてしまった;何か良い物が入っていそうな赤い布地貼りのBOX、すべてライヴ録音だが、内容がしっかり聴ける好録音で整っている。まずはNo.8から、
bern be all sym
ベートーヴェン 交響曲No.8 ヘ長調op.93
レナード・バーンスタイン指揮
ウィーン・フィルハーモニーO
1978年 D.グラモフォン

No.8はNo.7との姉妹作で共通のアイデアが盛り込まれた部分もあり、短めの演奏時間に聴きどころを上手く圧縮してあるところがいい。
第1楽章、線の太い響き、ぐっと控えた弱奏と力感をもった強奏の対比はゴツゴツしているとも言えるが、バーンスタインは一貫してこの活気を通す、姉妹作のNo.7とも共通した魅力を内包しているが、[12]からのような内声がくっきり響いて小気味よい。
sc01 10
展開部に入り[145]からは対位法も聴かせ、じつに上手く盛り上げて書いてある、
sc01 145
バーンスタインはパワフルに追い込んでいく感じだ。
第2楽章、Allegretto scherzando、あまり急速にせず、前楽章の熱気をさますようだ。
第3楽章、ゆったりとTempo di Menuetto(メヌエットのテンポで)を始め、timpの余韻をたっぷり聴かせ優雅な雰囲気、トリオのややくすんだウィンナhornとclの掛合いに味がある、
終楽章、Allegrio vivace やや快速なテンポをとるが、しっかり足場を押さえた感覚、この楽章もアイデアに満ちた楽しみがあり、各所を明確に聴かせる。

動画は例によってバーンスタイン氏の解説付き、
be sym 8 you
you tube:Beethoven: Symphony No.8 【with commentary】 / Bernstein Wiener Philharmoniker (1978 Movie Live)

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: ベートーヴェン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1890-de15e482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック