FC2ブログ

Micha: Classic音楽・Lute・宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

ブラームス Sym No.2 まとめ  

燕の子、昨日覗いてみたら、少なくとも4羽は確認できた、もう少し居るかも、 
tubame 6 11
数日の間にぐんと成長したようだ。

さて、ブラームス Sym No.2もけっこう聴いたので、ちょっと振り返ってみる、ブラームスって聴き出すと後を引く、この曲もピアノCon No.1と同様、依存症ぎみになってしまった;

K.ベーム:ブラームス Sym No.2
楷書的で音の一本ずつに芯がある、けっこうエネルギッシュ、
カラヤン:ブラームス sym No.2('83)
orch.がカラヤンの"独奏楽器"のように感じる、
bohm br symra br s2 (2)

フルトヴェングラー:ブラームス Sym No.2('52)
timpの爆音、trpの劈くほどの響きは不可欠の運び、
O.スウィトナー:ブラームス Sym No.2
一際清涼、orch.の自発性を引き出し、"自生"の美しさ、
fu br s 2sui br sym2

S.ラトル:ブラームス Sym No.2(DVD)
深い強弱法でしなやか、筋肉質な活力もある、
サヴァリッシュ:ブラームス Sym No.2
端正に筋の通った感覚、キビキビと決める心地よさ、
ra br s2 (1)sawa br s2

4手のピアノ:ブラームス Sym No.2
各パートがすべて明確、pf曲として美しく聴かせる、
ハイティンク:Brahms Sym No.2(ライヴ)
ライヴ録音でorchに近づいたサウンドは一段と覇気が伝わる、
4h pf br s2 (1)hai br s 2

C.アバド:Brahms Sym No.2('71年 LP)
しなやか基調、LP盤の澄んだ響きがいい、
バーンスタイン:Brahms Sym No.2
落ち着いた堅実な演奏に感じる、活力十分な魅力も、
J.カイルベルト:Brahms Sym No.2
清涼で自然な緩急の変化、終楽章は快演、
abba br s2bern br s2keil br s2

以上の中で特に好きなのが、サヴァリッシュとスウィトナーかな、ベームとカイルベルトもしばらくして繰り返し聴きたい演奏だった。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: ブラームス

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1896-e356a555
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック