FC2ブログ

Micha: Classic音楽とLuteの楽しみ

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

ハイドン:疾風怒濤期の緩叙楽章  

まずは燕の観察日誌、なにしろ2階の窓の横なのでラク、夜は親に暖めてもらい、昼は餌を待ってじっとしている、眼が開き、羽色も燕らしくなってきた、 
tubame 6 14
6月13日夜、14日朝
見ている間にも親が何度も餌を持ってくる、日ごとに大きくなるはずだ。
      *  *  *  *  *  *  *  *

さて、ハイドンの長い交響曲の歩みの中で、4つの楽章をいかに充実させるか、創意工夫が重ねられてきた、第2楽章(又は第3楽章)に置く緩叙楽章に注目しても興味深い、後期になると変奏形式が定着していき、その変奏も聴衆を退屈させない斬新さとセンスを備えている。
また疾風怒濤期に当る作品の緩叙楽章の魅力も特筆すべきで、40番代~50番代の一部になるがソナタ形式で書かれ、弱音器を付けた弦楽が主体で、ob、hornが効果的に使われる、天高くから、あるいは深い森の奥から聴こえてくるような、夢想の世界に引き込む静謐な音楽、
お馴染みのところでNo.44「哀悼」やNo.45「告別」の緩叙楽章も傑作だが、No.49「受難」の緩叙楽章は冒頭で短調なので特例的だ、
No.43「マーキュリー」の緩叙楽章も魅力である、
hog you
you tube:J. Haydn - Hob I:43 - Symphony No. 43 in E flat major "Mercury" (Hogwood)第2楽章、
後半[49]~は始まりから引き付ける、
hay sym43

No.46 Hob1:46の第2楽章はシチリアーノのリズムを持ち、後半展開部に入ってからの[42]~のobと内声弦による和声がひじょうに魅力、
sym 46
you tube:J. Haydn - Hob I:46 - Symphony No. 46 in B major (Hogwood)第2楽章、

No.54 Hob1:54の第2楽章など精神性を深めた傑作だと思う、反復を全て行うとかなり長い、ホグウッドの録音では17:51になる、
you tube:J. Haydn - Hob I:54 - 2nd Version - Symphony No. 54 in G major (Hogwood)第2楽章、

ほかにもNo.42など傑作だが、最も堪能させてくれるのが反復を省略しないホグウッド盤、次いでT.ファイ盤だろうか、ドラティ盤の全集も魅力をよく捉えている。
hog.jpgdora.jpg

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: F.J.ハイドン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1898-50b549f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック