FC2ブログ

Micha: Classic音楽とLuteの楽しみ

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

プレーヤーの回転速度  

CDプレーヤーで再生中のCDは中で廻ったり止まったりしている、一定量データをメモリーに取り込んだら休み、次を取り込む、を繰り返している、データには"時間"も含まれているので再生速度が狂うことはない。
 
アナログプレーヤーの時代はターンテーブルの回転速度を正確にする必要があったが、音楽を聴く道具とは言えないテキトーな製品が多かった。初めて買ったプレーヤーは簡易なもので、アイドラー方式で回転させていた、
Idler_201806171059078b1.jpg
レコードをかけると何だがテンポが速くピッチが高い!?時計の秒針が一周する間にターンテーブルが何回廻るか数えたところ、かなり速すぎた、メーカーにすれば許容範囲?なんだろう;
アイドラー方式なら打つ手がある、モーター軸を回転させ、サンドペーパーで削り、正しい速度(毎分:33 1/3)に近づくまで少しずつ根気よくやった;
ちょっと上級機になるとベルトドライヴになる、
b d
モーター速度と軸径の正確さに頼るしかないが、けっこう上級なクラスでも速度が不正確というのが実情だった、現在出ている簡易製品もそのようだ、これもモーター軸を削る手もあるが、ベルトはターンテーブルの内側に設けたリングに掛けるタイプが多いので、この内リングに薄いテープを一周ずつ貼れば遅くする調整は大まかにできるかもしれない?大抵速すぎる方に狂っているが、遅く狂っているとどうしようもない。
you tubeにあるLPの再生音にも回転の狂ったものがある、
速すぎる例、(O.スウィトナー指揮、モーツァルト「ハフナー」)
sui moz 35 you 01
you tube:Mozart, Symphony No 35 Haffner, Otman Suitner
同録音で正しい速度
sui moz 35 you 02
you tube:モーツァルト:交響曲35,36番/オトマール・スウィトナー
元々テンポは速い演奏だが、先のはピッチが高いのがわかる;

アーム部は充実した造りだったが、回転は調節できず中途半端だった;これの上級機にストロボ調整機能があった。TRIO KP3022('70年代)
trio tt
プレーヤーである以上、回転速度を正確にできるくらい当り前にしてほしいところだが;

ストロボ調整可能な現行製品、Pioneer PLX-500-K(ダイレクト ドライヴ)
p tt
ほかにクォーツサーボ式という、時計機能が自動で調整するタイプがある。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: オーディオ

tb: 0   cm: 2

コメント

オーディオにはてんで疎いのですが、なかなか興味深い記事でした!

> CDプレーヤーで再生中のCDは中で廻ったり止まったりしている、一定量データをメモリーに取り込んだら休み、次を取り込む、を繰り返している
⇨もうこれからして私にとっては目からウロコでしたよ!そうだったんですか!LPレコードのようにずっと回り続けてる(ただし、かなりの高速で)のだと思い込んでいました。

回転の狂った再生音と、正しい速度の再生音の、歴然とした差も衝撃的ですね。これはもうもはや、ほとんど調が違う域までいってますよ、録音アップした人は気にならなかったのかなあ〜???

さらに、サンドペーパーで削って正しい回転速度に近づけるという裏技(?)にもびっくり!
とにかく、頭の中をたくさんの「!」(ビックリマーク)が飛び交った、今回の記事でした〜

私はタワシ #5eVrhZok | URL
2018/06/21 08:05 | edit

タワシさん こんばんは

CDウォークマンで蓋がスケルトンになった製品で回転の様子がわかりました。

アナログプレーヤーの場合、僅かな狂いでこんなもんだと慣れてしまうと気にならなくなるかもしれませんが、私が初め買ったのはすぐわかる狂いっぷりでした。依頼、速度測定をしましたが、ストロボ調整付きを買うまで、正確なものは無かったです;
一応プレーヤーには電源周波数に同期して一定の速度で廻ろうとするシンクロナスモーターが使われるそうですが、それを伝える回転軸の径など精密じゃないと狂いますね、ターンテーブルが正確に廻っているのが肝心で、それを検知、調整する機能が要ると思います。

michael #xNtCea2Y | URL
2018/06/22 01:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1901-be46aa84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック