FC2ブログ

Micha: Classic音楽とLuteの楽しみ

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

未来は決まっている  

昨日の燕、朝見ると、巣がからっぽになっていた、 
ついに全員飛び立ったか、5羽とも無事育ち、めでたし!
6 24 d 016 20 d 03
近くの電線に2羽、たぶんうちの雛、
6 24 d 05
近くに親鳥も、
6 24 d 03
昼頃、2羽だけ巣に戻っていた、
6 24 d 04
そういえば燕の寿命は平均では1.5年で、長ければ16年ほどだそうだ、しかし燕は新幹線を抜く速さで飛べる(最高時速280km)、それに対応した動体視力と反射神経を持っているはず、彼らにとっての1秒は人間にとっての10秒くらいに相当するスローな時間かもしれない、1.5年の生涯も結構長く感じているかも? 
*  *  *  *  *  *

さて、今日は聞き覚えのことだけで書くのですごく曖昧です;
以前にも「時間」に関する話や、「並行世界」についてとりとめもなく書いた、
時間は本当にあるのか  マルチバース   そう考えるしかない!?
ニュートン力学でも、物理現象は法則に従った因果関係で繋がっていくので、未来も決まってしまうらしい、ただあまりに計算が複雑膨大で未来の予測は無理ということに。
今回は特殊相対性理論から導かれるという、未来は決まっているという考え;
三次元の座標軸と同じように時間も過去から未来に一体となって繋がったものとして存在している、(ただし、宇宙の始まりが時間の始まり、宇宙の終焉が時間の終りで、永劫の過去も、永遠の未来もないとする)
001e2_20180625111952b14.jpg
空間は2次元で表現
これからどう行動するか自分で判断しても、サイコロで決めるなど偶然に任せたとしても、そうなるように決まっていて、逆に言えば未来が過去を決定づけている、ということになる。我々は決まった時間の線路を辿っていて、ある時点を現在だと脳が選んでいるだけ、(我々は新たに生じる時間の最先端に居るわけではない)
この考えでは量子の振る舞いをマクロ世界に拡張したような"並行世界"はないことになる、
001a_2018062509314338b.jpg
並行世界?
仮に過去にタイムスリップできたとしても、その時間旅行者の行動も時間に書き込まれたシナリオだったに過ぎない。

量子の振る舞いでお馴染みの「二重スリット実験」では電子銃から1個ずつ電子が発射され、通過するスリットは2本しかないので、その後ろの感知スクリーンにも2本しか痕跡が現われないと思うが、実際には波が干渉したように何本も現われ、波の性質を示す(*電子同士が影響しないよう、1個ずつ発射する)、
001b2.jpg001d_20180625093147fb8.jpg
量子の世界では確率的にいくつもの状態が重なり合っている。
しかしスリットの脇に電子の通過を観察する観測器を置くと、干渉がなくなり、スクリーンには2本しか痕跡が現われず粒子の性質になる、
001c_20180625093146494_201806252211364e4.jpg
被写体に光子を当てるなどして初めて観測行為ができるので、影響を与えざるを得ないからか、電子銃から出たばかりの電子にとって、観測器のある位置はごく短い距離だが、時間的に未来になる、その未来が量子の過去を粒子だけの性質に変えているのか?
・・こんなこと書いた本など読んでいるとよく寝付ける^^;

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: 科学・自然・雑学

tb: 0   cm: 2

コメント

決定論VS不確定性原理

こんにちは。
ラプラスの悪魔は存在しうるのかどうかという話ですね。
ハイデルベルクの不確定性原理の登場により
ラプラスの悪魔は退治されたと思ったのですが
そういう単純な話ではないのかな?

木曽のあばら屋 #GHYvW2h6 | URL
2018/06/25 22:02 | edit

木曽のあばら屋さん こんばんは

古典力学VS量子力学でもあるのかな、未来が決まっているなんて
、普通は信じられませんけどね;
いくつもの可能性のどれかに転がって、この先の未来が出来ていく、
という見方なら受け入れやすいですが。
「神はサイコロを振らない」という言葉にも重みを感じます。

michael #xNtCea2Y | URL
2018/06/26 01:21 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1909-01a41eb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック