FC2ブログ

Micha: Classic音楽とLuteの楽しみ

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

オリオン大星雲は"衝突中"  

いつも見慣れているオリオン座の大星雲は中心部に「トラペジウム」という明るい巨星の集まりがあり、星雲全体を照らしだしている。
1 M42
HST撮影、中心部
星雲の中心部だから、大きな星も生まれるだろうと単純に考えていたが、よほど塵やガスが圧縮する出来事がないと生まれない、というのも確かだと思う、星雲全体を見ても、部分的に圧縮が起きている様子に見える、
2 M42 C F
立体データを元に作成された横の角度から見たCG画像
トラペジウムは地球から見て、概ね星雲の手前にあり、星雲は恒星の光の圧力に押されてお椀の底のように凹んでいる。

名古屋大学の福井康雄氏らはオリオン大星雲を取り巻く、分子雲の可視光では見えない奥まで見透した電波観測データを詳細に解析した結果、移動速度の異なる2つの分子雲が重なった状態にあり、1つの大星雲に見えていることを突き止めた、
(*以下の資料:名古屋大学)
3 ori
もやもやしてわかり辛い分子雲にはっきり衝突の跡らしい形が現われているのも興味深い、
4 ori
上画像の左の青で示した分子雲は我々から秒速9kmで遠ざかっているが、右の赤表示の分子雲は秒速14kmで離れている、右の分子雲が追いついて衝突しているところらしい、右の分子雲が突き抜けた「鍵雲」と名付けた突起した部分が左の分子雲を通り抜け「鍵穴」を残していて、形状も一致する、など衝突の痕跡が見られる。
*赤表示の分子雲を黄色の線で表し、青表示の分子雲に重ねたのが下の画像、
5 ori
シミュレーションによると2つの分子雲は10万年前に約7km/sの速度で衝突し、急激な圧縮で巨星が作られたと考えられ、トラペジウムの星たちの年齢と一致するそうだ、
(*10万年前:人類は旧石器時代)
6 ori
シミュレーション画像
7 kagigumo
小規模なスターバーストと言えるかもしれない、衝突は現在も続いており、新たな星が作られていく見込み。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 2

コメント

衝突

今日は、空梅雨の雨を取り戻すかのように雨が降っていますね。オリオン大星雲は、
私の所から冬場よく見えます。我等が太陽系は、星の衝突のことを考えますと銀河の辺境の地で良かったと思います。

老彈 #- | URL
2018/07/06 16:27 | edit

老彈さん こんばんは

太陽系も誕生時は星の集団の中だったらしいですが、惑星の軌道を
乱すような大接近は現状から見て、なかったということですね、
これも幾多の幸運の一つでしょう。

michael #xNtCea2Y | URL
2018/07/06 18:06 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1920-392489f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック