FC2ブログ

Micha: Classic音楽・Lute・宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

桂歌丸さん 加藤剛さん  

我々世代は子供の頃から長くTVで親しんできたお二人が相次いで亡くなった。
 
歳とともに江戸落語や時代劇が好きになってきたが、
桂歌丸さんが7月2日(81歳)、「笑点」のレギュラーとして、司会者としてこれほど長くTVで親しんだ落語家はいない、昔は三遊亭小圓遊さん(1937-1980)と犬猿の仲みたいなところを笑点以外の場にも持ちだしていたのが面白かった、
笑点の司会を引退した後・・っていうか現役で司会してた頃から、「お迎えが近い?」ってのを笑いのネタにされていたが、何事も陽気に変える東京落語の世界らしくて痛快、
2016年には文部科学大臣表彰を受賞している。
katura utamaru
you tube:落語 竹の水仙 桂歌丸

加藤剛さんが6月18日(80歳)、なぜが報道されるのが遅れた、映画やドラマで広く活躍されたが、TBSの「大岡越前」は約30年にわたり主演したライフワークだった、父が時代劇好きで一緒に見て親しんでいたが、その後も長く再放送されて、録画したDVD-Rがかなりある、ここ数日、それが観たくなって、順に観ていた、虫の知らせと言おうか?
大岡越前=加藤剛さんというイメージが定着し、その後は後継の俳優は立てられなかった。
悪党を捕らえ「刑事裁判」という話も多かったが、町人同士のいざこざを「民事」で裁く話も多く、これが江戸落語の世界をドラマ化したようで楽しかった。脇を固めるレギュラー陣や町人役で主演した人達も上手かった。
kato go
時を経てNHKで東山紀之さん主演の「越前」が始まり、原作のイメージを尊重して製作され好評だ、加藤剛さんが浪人役で出演した回もあった。

謹んでお二方に哀悼の意を表します。
ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1925-954e84e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック