FC2ブログ

Micha: Classic音楽とLuteの楽しみ

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

自然の"涼"  

自宅近くには炉畑遺跡と名付けられた縄文中期(約6000年前)の遺跡があり、竪穴住居が復元されている、この当時は地球の自転軸が現在とはずれており、日本は少し赤道寄りの位置にあったため今より温暖だったそうだ、(*今は人間が温暖にしてしまっているが;)
robata.jpg
炉畑遺跡:縦穴住居は地面に残った柱穴から想像して復元
縦穴住居に入るとけっこう涼しい、草葺き屋根は断熱効果があり、屋内の空気より、地下深くまで一定温度でひんやりした地面のほうが断然優勢で、暖まってくることはない、地下や洞窟に近い環境と言える。
002_20180722092808dc7.jpg
昔はこの遺跡のある場所は広い台地で森林地帯だった、狩猟採集の縄文人には暮らしやすい場所だったようだ。周囲が森林で日陰が多ければなお涼しいはず、高温注意情報が出てもこの中なら凌げるかもしれない^^;
しかし現在の周辺はこのとおり;自然が作り出す"涼"は欠片もない;
chizu_201807220857544ea.jpg
因みに左側に見えている滑走路は航空自衛隊で、S.ジブリ作品「風立ちぬ」に登場した飛行場、この下にも縄文遺跡が多数あったに違いない。

昔の農家や商家でも建屋は土間を設けた作りが殆どだろう、下足のまま屋内で用を済ませられるし、土間のあたりは比較的涼しく一石二鳥、風通しもよく作られている、親戚の田舎は谷間の渓流沿いの村で、家の1/3くらい土間だった、周辺は航空写真で一目瞭然、森林が太陽光を吸収、木陰や川を伝ってくる風は街中の風とは違う、
takigunn2.jpg
takigun_20180722091533a65.jpg
護岸工事はされたが、川原は残っている、昔からいた水棲生物も少しは生息しているかも、
miyamakawatonbo_20180722085800f79.jpg
昼はヒグラシ、夜はカエルが賑やかだが、こういう音はうるさいと感じない。
イノシシとかヘビさんもいっぱいいるだろう^^

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 2

コメント

夕方、外からの風とヒグラシの声が聴こえたら
それだけで涼しいいい時間になりそうですね。
エアコンの室外機の音とかですもんね街で聞こえるのは。

unagi #- | URL
2018/07/23 12:46 | edit

unagiさん こんばんは

昔と殆ど変わっていませんね、灯りが少ないので星もよく見えます、
もし身軽な立場だったら引っ越したい所だけど、生活の根付いた所
を離れるのは難しいですね。

michael #xNtCea2Y | URL
2018/07/24 00:23 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1936-240c0e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック