FC2ブログ

Micha: Classic音楽・Lute・宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

M.ハジェット:Corelli Violin Sonatas  

アルカンジェロ・コレッリ(1653-1713)はヴァイオリンの名人で作曲家、イタリア・バロック音楽の純度の高い美しさを誇り、vn音楽の聖典といったところ、その後の作曲家達にも大きく影響している。 
20180817093129a1c_201808171057472c3.jpg
残しているのは殆どが弦楽器と通奏低音のための作品で、唯一トランペット・ソナタを残しているのみ(これがまた良い曲で)。コレッリは超絶的な装飾演奏を行ったことが、当時の誰かが具体例を聴き書きで残していてわかる。
corelli 001
corelli 002
上が原譜、下が具体例の聴き書き
今日のバロックvn奏者はこの研究と習得が必須だろう、これが無ければ演奏する価値はないと言える、比較的早い時期に名演を録音した1人が英国のvn奏者、モニカ・ハジェットだった、
460.jpgM Huggett 02
Violin : Monica Huggett
Harpsichord / Organ : Mitzi Meyerson
Cello : Sarah Cunningham
Archlute, theorbo, guitar: Nigel North
recordings in 1988, 1989
Label : Virgin Classics

当盤の魅力はハジェットの名演に加え、ナイジェル・ノースがリュート属による見事な通奏低音を弾いているところ、通奏低音はvc、cembも入り、適宜組み合わせを変える。
ソナタNo.1ニ長調より、Adagioの楽譜とyou tube:M.ハジェットの演奏を引用すると、
corelli so no 1 02
you tube:Sonata No.1 in D Major op.5-1/Adagio
一見、この楽譜の演奏に思えないが、vnパートは旋律の骨格のみ、バスパートも上に和声記号が数字で記されているのみ、残されているのはこれだけで、vnソロはもちろん、通奏低音にも名人技が要求される。
この曲集(CD 2枚組)は全曲、you tubeに挙がっている、オーディオとしても逸品で、じっくり味わえる。
corelli vn sonata you
you tube:Corelli - Violin Sonatas Op.5 / Follia Variations
冒頭にフォリアの主題と変奏があるが、通奏低音にはバロックギターを使っている、ソナタNo.1~6はvnが2声を弾いて、トリオソナタのように聴こえる。

ご覧いただき ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: A.コレッリ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1962-9693bf69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック