FC2ブログ

Micha: Classic音楽・Lute・宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

M.ザイラー:Bach vn con BWV1052(復元版)  

バッハの傑作協奏曲、ニ短調BWV1052は最初にvnのために書かれ、次にソロをオルガンにして、カンタータBWV146およびBWV188のシンフォニアに転用、
参考 you tube:J.S. Bach - Kantate BWV 146
さらにcemb協奏曲No.1へと編曲されている、原作のvn協奏曲の譜が失われているため、vn用に復元して演奏される、一応その出版譜もあるが、大抵はソリスト自身が復元して演奏する、そうでなくては面白くない。 
vn的な技法が本来のvnで聴けるし、cembでは出来なかった微妙な強弱が聴きどころとなる。
今回はミドリ・ザイラーのvn、ベルリン古楽アカデミーによる演奏、編曲はソリストが行っている、例の"黒い"CDである
bwv1052 01bwv1052 02
ミドリ・ザイラー:vn
ベルリン古楽アカデミー
2004年 harmonia mundi

第1楽章、cemb編でちりばめられた鍵盤的装飾?をカットしているのが目立つ、速めのテンポで活気を帯びた歩調で整然と進める、[152]からvnが無伴奏でソロを弾くがここからテンポを自由にして、まさに無伴奏vn作品を彷彿させて引き付ける、[162]から[171]までの弦楽の助奏もあえてカットして無伴奏で通し、[172]のtuttiからテンポで弦楽が入る、
20180828.jpg
sc01 170
思い切ったやり方だが、効果的なアイデアだ。
第2楽章、十分レガートに演奏、vnのソロパートも伸びやかに聴かせる形に変えて、より幻想感をだしている。
終楽章、速く快活に入る、テクニカルな切れ味で引き付け、vnならではの重音奏法の部分では十分な強弱で深みをつける。
sc04 360
当演奏がyou tubeにあった、
bwv1052 vn you
you tube:Bach - Violin Concerto in D Minor BWV1052
Mov.1/3 Mov.2/3 Mov.3/3
これで完璧と思える編曲(復元)はないが、様々聴けて逆に楽しみになる。

ご覧いただき ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: J.S.バッハ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1973-ee13fc56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック