FC2ブログ

Micha: Classic音楽・Lute・宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

DENON DP-400  

レコードプレーヤーを新調した、
今月、自治会役員半年の報酬も入るし、ヤケ買いに近い;
DENONの新製品DP-400で、今までのDP-500Mよりクラスは下がるが、突起物最小限のシンプルな外観が良く、希望する機能はきっちり持っている、
dp 400 a
dp 400 ft t
主な特徴は
①ベルトドライヴだが、速度センサーがターンテーブルの回転を感知し、正しい回転速度に保つ制御機能付、ベルトを廻すモーター軸のローラーは径が一段のみで、モーターの回転速度で、33 1/3、45、78に切り替える。
②再生終了後、アームがオートリフトアップして回転が止まる、昔のプレーヤーのようにアームリターンの仕掛けまではなく、アーム部の性能に影響しない設計だそうだ、
③MMカートリッジ対応フォノイコライザー内蔵、
MC昇圧トランスを通す場合、③の内蔵MMイコライザーはスルーして使うので余分だが、①の速度制御は不可欠、簡易製品には無理かもしれないが、本格製品ではこういう機能は標準にしてほしいところ、②のオートリフトアップで安心して居眠りできる←これが最大の利点^^
ベルトは交換が必要だが安いもんだし、
ヘッドシェルはガイドピンが回転して水平調節できるのがいい、微妙に違っていたのでカートリッジを固定タイプから外して、付け替えて水平調整した。
dp 400 a1DSCN6893.jpg
ダストカバーは蝶つがいで取り付けず、乗せるだけ、
dp 400a 2
動作チェック:
LPとCD、両方ある音源を聴いたが確かにピッチは正確、ワウフラッターの有無は楽器が沢山のオーケストラより、松任谷由実のアルバムが確認しやすかった。
DSCN6882.jpg
聴き馴れたLPを再生したが、クウォリティが下がった感じもなく使える。

PS.ターンテーブル本体は軽くできているが、ゴムシート、レコード盤を乗せれば適度な重量になって安定するようだ、モーターは起動時はゆっくり廻りだし、停止時はすぐ止まる。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: オーディオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1990-1c2bf661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック