FC2ブログ

Michael: Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

K.ベーム:Beethoven Sym No.8  

そういえばK.ベーム、VPOの第九をまだ取り上げていなかったが、この2枚組LPに、No.8がカップリングされていたのに気づき、聴いてみた。
(CDではNo.7と1枚にカップリングされている) 
bohm be sym 8
カール・ベーム指揮
ウィーン・フィルハーモニーO
1972年 DG 独盤

1972年の録音で典型的なDGサウンド、あまり音場の見通しのない渋い音質はO.スウィトナーのDENON盤とは対照的、しかし独特の味わい深さは伝統だろう、
bohm be sym 8 dp400
ベートーヴェンが愛着をもっていたらしいNo.8は小柄な作品だが、ベームの手にかかると大交響曲の趣きになる、
第1楽章は急がず、遅すぎずといったテンポか、常にvn1の線の太い響きが耳につく楷書的な演奏、[12]からはvn2とvaの内声が躍動感を出すが、もう少し出てほしいところ、
sc01 10
展開部はじりじり引き込んでいく、[191]fffから低音のみで第1主題を弾くが
sc01 186
sc01 194
ここもバランス的にもっと出てほしいところ、
第2楽章は洒落っ気のある楽章だが、ゆっくり着実、
第3楽章、主題のゆったりした流れにリズムのパンチが入るのが心地よいが、その力感が絶妙で気品がある。
終楽章、予想以上に落ち着いたテンポだが、この終楽章が特に良いと思う、駆け抜けることなく、地に足の着いた武骨な歩みが何とも言えぬ充実感で引き付ける、展開部などより立体的に聴かせる。
you tubeに当演奏があった、
be sym 8 you
you tube:Beethoven : Symphony No.8 / Karl Bohm & Vienna Philharmonic Orchestra

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: ベートーヴェン

tb: 0   cm: 4

コメント

第8交響曲聞きました

YouTubeで、ベーム指揮、ベートヴェンの交響曲第8番を聞きました。あまりにも重厚すぎて、私の知っている曲とは異なるように聞こえました。個人的には、もうすこし軽快な響きがするほうが、好みです。

いつも楽しみにブログを拝見しています。
ありがとうございます。

yamashiro94 #- | URL
2018/09/23 18:23 | edit

ベーム

michaelさん、こんばんは。

僕もちょうど今日、ベームの「運命」聴きました。今までBPOとの「ジュピター」やVPOとの「ロマンチック」といった例外を除いてベームを愛聴してきませんでしたが、「運命」はオーソドックスで力の漲るとても良い演奏でした。古楽器登場以来、こういう演奏はもはや流行らないのでしょうが、個人的には好きです。

ばけぺん #- | URL
2018/09/23 22:28 | edit

yamashiro94さん こんにちは
コメントありがとうございます。

ベートーヴェンの7番、8番はとくに好きな曲でよく聴きますが、
たしかにベームの8番はたまにはいいけど、どっしりしすぎに思いますね;

軽快でキレのよい演奏が好みで、また別の演奏について
取り上げてみたいです。

michael #xNtCea2Y | URL
2018/09/24 11:27 | edit

ばけぺんさん こんにちは

ベームの演奏、モーツァルトなど他では聴けないがっしり感が
良かったりしますね、
近年の演奏は、長ベテランの指揮者でさえ、10年も経てば演奏スタイル
の変化がありますから、ベームのタイプの演奏は殆どないかも
しれませんね?

michael #xNtCea2Y | URL
2018/09/24 11:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1998-fb0588d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック