FC2ブログ

Michael: Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

K.リヒター:Bach 管弦楽組曲No.3 ほか  

近年はバロックとなると古楽演奏が主流であり、20世紀半ば以降のような演奏はまず聴かれない、デジタル時代以後の若い世代には逆に珍しい演奏として聞こえるかもしれない。 
オールドファンにはお馴染みだが、当時、多くのバロック演奏団体があった中でもK.リヒターは特徴的で、バッハの管弦楽組曲など嵌められてしまい、今でも時折聴いてみたくなる。
k r bwv1068 lp
カール・リヒター指揮
ミュンヘン・バッハO
1960年 アルヒーフ
 amazon
管弦楽組曲No.3は3本のtrpとtimpが入り、第一曲、序曲はtrpの鋭い響き、どっしり打ち鳴らすtimpが力強い、グラーヴェは重厚、フーガのアレグロは今ではかなりゆっくりなテンポでリズムを踏みしめ、生命感がある、
bwv 1068 sc01
アレグロに入ったところ
弦楽の全パートが対等になる配備がされているようで明確、低音やtimpの力感が何物をも跳ね除け、一定速で前進する戦車のようだ;
二曲目のアリアも大勢の弦楽で質を揃えたきめ細かい味わい、以下、ガヴォット、ブーレー、ジーグと楽譜の音を飾りっ気も遊びっ気もなく、完全無欠に演奏していく、
組曲No.4も同じ編成で祝祭的な雰囲気をもつが、バッハらしい神秘的な趣きも持つ、序曲のアレグロは9/8拍子で弾む感覚で通される、しかしリヒターはがちっと締まった気分を与える。

ほか、弦と木管だけのNo.1やflソロの入るNo.2も他では聴けない骨太の演奏で引き付ける。
なお、CD化された音はマスター磁気テープの劣化が原因か、マスタリングのせいか?若干荒く聞こえる、過去に出たLP盤では聴き心地がよい。
k r bwv1068 tt

you tubeに全曲挙がっているが、No.3から、
k r bwv1068 you
you tube:Karl Richter, Bach Orchestral Suites BWV 1066-1069

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: J.S.バッハ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2001-b61b9ddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック