FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

T.ピノックほか:Mozart ヴェスペレ K.339  

ヴェスペレとはカトリックの聖務日課の中で日没時に行われる祈り(晩課)。 
宗教曲となると、内容までは理解できないが、声楽含めた音楽的内容を楽しむことにしている、このヴェスペレ K.339はモーツァルトのザルツブルク期の最後の作品だそうで、こうした作品には同地宮廷で同僚であったミヒャエル・ハイドン(F.J.ハイドンの弟)との共通性が、モーツァルト晩年のレクイエムまでも見られる。
まずはT.ピノック盤でヴェスペレ K.339全曲のyou tube
51HIoiIvpAL.jpgamazon
Barbara Bonney, Catherine Wyn-Rogers, Etc.;
Trevor Pinnock: The English Concert & Chorus
 
you tube:Mozart: Vesperae Solennes De Confessore, K 339
この作品はsopソロを中心とした声楽と合唱が聴きどころだが、第4曲 Laudate pueriのフーガ合唱のテーマがyou tube:M.ハイドンのレクイエムにあるCum sanctis tuisのテーマによく似ている、(*M.ハイドンのレクイエムも過去に記事にしたが素晴らしい)
Michael Haydn - Requiem in C minorより、you tube:Cum sanctis tuis
Mozart: Vesperae K 339より、you tube:Laudate pueri

また第5曲 Laudate Dominum はモーツァルトらしい、なんとも言えぬ高貴な雰囲気を湛えた名作で、ヘンデルで言えば「オンブラ・マイフ」に匹敵しそうだ、
sc002_201809261432401f7.jpg
モーツァルト: ヴェスペレより、Laudate Dominum、ソロと通奏低音
T.ピノック盤ではBarbara Bonneyが歌う、
moz ves you
you tube: Laudate Dominum
また手元にあるLP盤では、ヴェスペレのsopやaltのソロも全てテルツ.Knabenchorの団員が歌っている、同じLaudate Dominumを聴くと、団員 Hans Buchhierlのsopソロは、か細くはあるが、かけがえのない声に思う。
moz ve lpamazon
Hans Buchhierl, boy soprano, Tolzer Knabenchor, sings Laudate Dominum (1974)
you tube:Laudate Dominum

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: W.A.モーツァルト

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2002-1431f648
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック