FC2ブログ

Micha: Classic音楽・Lute・宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

無垢盤  

CDの場合、多少擦り傷があっても問題なく再生するが、レコード盤はピカピカの無傷が一番、中古市場にも一度も針を下ろした様子のない無垢盤らしい品がある(新古盤とも言う)、 
先日のクーベリックのベートーヴェンSymも何枚か揃えたが、どこかに眠っていた在庫だろうか、ジャケットも中身もそんな状態だった、このレオンハルト・コンソートのブランデンブルクConやC.デイヴィスのHaydn Symもそうだった記憶。
le bach brc d hay sym
無垢盤と見る根拠は、昔、新盤を買ってきたときと同じで、内袋から取り出すとパっと静電気を帯びる、レーベルの穴周囲にセンタースピンドルと擦れた跡がない、
Center spindlephilips s
これは目視でわかる、速乾性の静電除去スプレーをかけてクリーナーで拭くと滑りが軽い、
再生すれば当然ノイズが少ない、
c t
因みにクリーナーは「アルジャント」を使っている、
a c
小さめで、このひっかかりがホールド性よく、盤の感触が伝わり丹念に掃除できる名品だ。
この簡易顕微鏡はライト付きで音溝や埃の付着の状態を確認できる、
microscope.jpg
軽量なので盤上に置いても大丈夫、
中古盤では時折、カビか何らかの付着物が溝にこびり付いていて、ノイズになることがある、粉っぽい硬い埃ではなく、軟質だが水洗いで落ちない、これはレコード針で掻き出すしかない、2、3回やって良好になるケースが多い。
dust_20181017111335f53.jpg
拭き取ってしまい、この塵がどんなものか、顕微鏡で見るのを忘れていた;

何枚あったか忘れたが、たまに「見本盤」というのが舞い込んでくる、レコード会社が放送局などで紹介してもらう目的で提供する非売品だが、これが一度も再生されず、中古市場に出回っているのがある、こういう盤はプレスするスタンパーも"本当に"初期状態の可能性があり、お宝かもしれない^^
o s be sym9 bo s be sym9
ベートーヴェン「第九」
O.スウィトナー指揮、SKB
DENON 見本盤

非の打ち所のない逸品で、これこそ年末にじっくり聴きたい^^

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: Low cost audio

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2023-9ddd6824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック