FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

抜歯  

急な痛みは時を選ばず;金曜日から奥歯が痛くなりだし、虫歯なら叩けばどの歯が悪いのか大抵特定できるが、今回はどの歯が悪いのかはっきりせず本当に困った、 
長年通っている歯医者さんは過去に急な歯痛で休日に診てもらったのがきっかけで、治療も的確だし、その後も休日や夜間でも頼めば治療してもらえて有り難い、救いの神だ^^
sika 2
今回、悪い歯をみつけ、2日に分けて2本抜歯してもらった、もうボロボロの歯だった;
抜歯後の痛みは個人差もあるかと思うが、殆ど気にならなかった、抜いたあとは縫合して数日後に抜糸する。昔は抜いたらまる1日、すごく痛かった憶えがあり、覚悟していたが;
疾患の痛みは辛いが、治療後の「これで治っていく」という痛みは結構我慢できたりする^^
抗生剤や鎮痛剤を続けて飲んで胃腸が調子崩すが、これもやむなし、

ちょっと体がしんどかったが、やっと一息ついて、録画してあった10月21日放送のクラシック音楽館を見た、N響コンサートマスター、MAROさんが案内役でお馴染みだが、曲目にハイドンのSym No.102があがっていた、指折りの好きな曲だ、
haydn_20181023104424bcd.jpg
首席指揮者のパーヴォ・ヤルヴィによる演奏、N響は流石だし、期待に応える良い演奏だった、やはりハイドンを聴くと気分が癒やされ健康的になる。

参考動画は興味深いところで、レスリー・ジョーンズ指揮、The Little Orchestra of Londonを挙げる、なかなかの好演でLP盤などあれば欲しいところ、
hay 102 you
you tube:Haydn: Symphony No. 102 in B flat major / Leslie Jones, Nonesuch, 1968 - Movement 1 Movement 2  Movement 3  Movement 4

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。

この曲はロンドン滞在中の曲でしょうか。
ロンドン市民にはどのように聞こえたのでしょうか。
ハイドンの交響曲を聞くと、多彩な曲作りに、まず驚かされます。
いろいろ参考になります。
ありがとうございました。

yamashiro94 #- | URL
2018/10/23 18:12 | edit

yamashiro94さん こんばんは

いつもありがとうございます。
No.102は二度目のロンドン滞在中の曲ですね、
これらはハイドンが活躍した頃の聴衆にとって現代音楽だったわけ
ですが、今の我々にとっての「現代音楽」のような存在なのか?
たぶん違う気がするんですが、
当時の聴衆の身になってみないとわからないですね;

michael #xNtCea2Y | URL
2018/10/23 19:08 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2029-495cb380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック