FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

本当に欲しいオーディオ用品  

ばけぺんさんのブログにも紹介されていてわかったのだが、ターンテーブルがこのように空中に浮くプレーヤーが近々発売されるらしい、いかにも近未来的な雰囲気^^
yukimuというスロベニアのメーカーの開発で、MAG -LEV Audio ML-1という製品、電磁石の磁力で浮かせ、回転も磁力の誘導で動かすそうだ、
you tube
you tube:Mag-Lev ML1 - der schwebende Plattenspieler - vorgestellt
テーブルは2.2kgでABSプラスチック、炭素繊維、金属の混合物から構成される、センター軸が無く、完全に台座とは接触していない、よって、下からの振動の悪影響は一切ない、など利点があるとのこと・・
しかし逆に考えるとターンテーブルはセンター軸にガチっと嵌っていてこそ、安定するのではないか?宙に浮かせちゃっていいのだろうか、浮く高さは重量盤などを乗せても常に一定なのか、強い磁力を使うので、他の機器への影響対策は万全なのだろうと思うが、
yukimu:MAG -LEV Audio ML-1 説明ページ
どんな具合か、いずれユーザーのレビューを見てみたい^^

以上はさておき、オーディオ用品メーカーはブトいケーブルだの、インシュレーターだの、結構どうでもよい製品をバカ高い値段で出すが、あると助かるという肝心な物が少ない、
こんなのをどこかの町工場が作ってくれるといいんだけど、
LP盤はたまに反りがひどいのがあり、回転させると上下にうねり、音揺れやノイズが生じて、適正針圧もへったくれもない;
ターンテーブルに矯正密着させる簡易な外周フレームがあるといい、
003_2018111620223268b.jpg
ターンテーブルの径は統一されておらず製品により、LP盤と同じだったり、大きめだったり様々で、特定の機種専用の外周スタビライザーならあるがアホみたいに高価;
加工は簡単だと思うが、真鍮製でいいので、いろんなサイズを想定したラインナップを用意して安く提供されれば助かるんだけど、
009_20181117101853c4b.jpg
円周の一部がカットされていて、LP盤の浮く部分を押さえつけながらネジ又は別の方法でテーブルに締め付けていく、って要領でうまく行けばだが、機種によってはテーブルの露出部が少なくてこの方法は使えない、製品そのものにこういう補助具が付いているのが一番だが。
(メーカーはわからないが高級なプレーヤーにはこんなフレームが付いていた)
LP盤によっては、"パラボラ形"に窪んで変形したのもある、テーブルに乗せて凸面状態のときはセンター軸を強めのクリップで挟み、一緒に押さえ込んでやればいい、裏返して凹面になるときは外周フレームがあるといい。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: Low cost audio

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2053-2686fbd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック