FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

T.ピノック:Vivaldi「四季」(LP)  

先日のホグウッド盤とともに、時折針を下ろすのが楽しみなのがピノック盤のヴィヴァルディ「四季」である、同じく元はデジタル録音のLP盤だ、1981年、ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホールでの録音、ブリリアントなアルヒーフ・サウンドは申し分ない。 
CDはクリアに聴けて当り前にしか思わないが、旧式なアナログ盤から意外なほど鮮明な音が聴けたりすると、良い、と錯覚してしまうのかもしれない?^^;
lp 01

コレッリの合奏協奏曲やヴィヴァルディのソロ協奏曲はのちの交響曲の元にもなったと言われ、合奏体の響きの効果を聴かせる。「四季」の録音はその後、古楽団体だけでも多々出ているが最後に落ち着くのはピノック盤やホグウッド盤になり、完成度が高い。
t p viva q s
サイモン・スタンディジ(ヴァイオリン)
ナイジェル・ノース(テオルボ)
ロバート・ウーリー(オルガン)
トレヴァー・ピノック(指揮&チェンバロ)
イングリッシュ・コンサート
1981年10月 ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール(アルヒーフ 旧西独盤)

「春」は溌剌とリズミカルに始まる、鳥のさえずりは複数のソロが弾く、vnの開放弦の余韻が透明感があって美しい。ソロの切れ味に合奏もぴたり同調する。中間楽章でのS.スタンデイジの装飾演奏はバッハか誰かの一節を聴くような知的センスに感じる。終楽章もジーグ風の快調なリズム感と弦楽が心地良い。
「夏」は特にシンフォニックな楽しみを聴かせる、始まりの気だるさ、鳥達のさえずりもつかの間、強風が襲う、その前はぐっと弱奏にして引き付ける、そして強奏、荒い響きを使わず十分なダイナミズムを聴かせる、中間楽章の装飾にも様式美がある。終楽章は再び嵐、ここも強弱の対比を十分効かせる。
「秋」、第一楽章は活気とともに、ソロvnのアゴーギグが絶妙、中間楽章はチェンバロのアルペッジョに乗って弦楽が無から現れるような開始、全般に微風のような弱奏で涼やか。終楽章はリズムを弾ませ、ソロの切れ味もよい。
「冬」、第一楽章は急速インテンポでソロの切れ味もあり、寒さに凍える感覚、中間楽章、ここは爽やかな美音と品の良い装飾。終楽章はソロ、合奏ともに氷上の物理法則を感じさせる見事なアゴーギグ、そして吹雪、痛快に最後をきめる。
この演奏ではN.ノースがテオルボを弾き、効果を上げる、ホグウッド盤ではバロックギターとアーチluteを使っていた、それぞれ調弦の異なる楽器を弾き分け、当時から非常に器用で優れた奏者である。
テオルボ(theorbo)はこんな楽器、
teo_20181123123848819.jpg

you tubeより全曲
t p via q s you
you tube:Vivaldi: Le Quattro Stagioni - Trevor Pinnock & The English Concert

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: ヴィヴァルディ

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。

ビバルディの四季、いいですね。
何度聞いても、よい曲だと思います。
でも、あまりにも名曲過ぎて、好きではない人もおられるようです。

バロック時代の作曲家でとくによく聞くのは、ビバルディのほかに、テレマンとアルビノーニです。コレルリ(コレッリ)も聞きます。バッハやヘンデルは、私の分類では古典派前期だったのですが、最近ではバロック時代の音楽家と分類されているのでしょうか。でも分類はどうでもよいのですが……。

いつも貴重な情報をありがとうございます。
感謝、あるのみです。

yamashiro94 #- | URL
2018/11/23 17:44 | edit

yamashiro94さん こんばんは
いつもありがとうございます。

>あまりにも名曲過ぎて
たしかに、モーツァルトの「アイネ・クライネ・・」とともにって感じで;
しかし、演奏しだいですね、結局、ヴィヴァルディの協奏曲の中では「四季」がヴァイオリンの妙技もあって、一番聴き応えがあって好きです。
コレッリもまたバロックの聖典みたいに美しいし、テレマンは楽しさを心得てますね。
バッハやヘンデルはバロックを集大成する位置かなと思います。バッハの息子世代の前古典派と共存した時期があって。

michael #xNtCea2Y | URL
2018/11/23 19:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2060-0362a32c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック