FC2ブログ

Michael: Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

R.クーベリック:Beethoven Sym No.9「合唱付」LP  

D.グラモフォンの企画で、全集録音のために1曲ごとに異なるorch.で録音、というのがあるが、これもその1つ、先般、クーベリックのBeethoven Sym No.8でクリーヴランドOとの録音がひじょうに良かったが、今日はカップリングされた「第九」、録音当時クーベリックが首席指揮者だったバイエルン放送響との演奏、これも購入時は無垢盤で、自分でも最後まで針を通していなかった;DGらしい音質だが鮮度が良い感じで、音場の拡がり、各パートの解像度など、DENONのスウィトナー盤を聴いた後でもさほど不満はない。 
r k be sym9
ラファエル・クーベリック(指揮)、
バイエルン放送交響楽団、
バイエルン放送合唱団、
ヘレン・ドナート(ソプラノ)、
テレサ・ベルガンサ(メゾ・ソプラノ)、
ヴィエスワフ・オフマン(テノール)、
トマス・ステュワート(バス)、
ハインツ・メンデ(合唱指揮)
1975年 DG

演奏時間は順に、16:34、 12:20、 16:29、 24:25(計69:48)、と中庸のところ、
第1楽章はひじょうに弱奏で始まり、過度な強奏にしない範囲で懐深く聴かせる、全般に緩急の変化も控えめで落ち着いた趣き、管が鮮やかに浮き立つバランスが良い、時折clの高音が突き抜けてくる、展開部のあと、再現部によるクライマックスは程よく熱気を入れ、timp連打はフレーズの頭のみ強打する。
第2楽章、開始に入るtimpがきっぱり豪快、続く木管の刻むハーモニーが心地よく聴ける、
スケルツォの[268]ffに入ると一際パワフルに立ち上げるのが効果的、
sc2 267
トリオはテンポを緩め、木管やhornが長閑である、
第3楽章、弱奏基調で密やかな弦が神聖な面持ちで引き付ける、[131]でのvn1の重音はスウィトナー盤同様、しなやかに聴かせ、心地よい。
sc03 129
終楽章は声楽がよい感じに聴ける、独唱の距離がちょうど良く、合唱団の響きも良い、orch.と合唱団の弱奏部分での溶け合いが心地よく聞こえる、昔、アナログ盤が苦手とする"合唱音"は歪んだ塊に聞こえたが、この盤も針しだいで問題ないようだ。
r k be sym9 lp
盤面の配分はまず1、2楽章を片面に、3、4楽章をそれぞれ片面ずつに収めている、
you tubeは1982年の録音があった
r k be sym 9 you
you tube:Beethoven "Symphony No 9" Rafael Kubelik 1982

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: ベートーヴェン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2074-3f4e8e7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック