FC2ブログ

Michael: Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

漬け物  

おせち料理というと甘い味付けが多いので、ちょっと塩気や酸味のあるおかずもほしくなる、昔から馴染んでいる漬け物を思い出してみた、 

塩味系で好きなのが、ぬか漬けほか、高山の赤蕪漬け、高菜漬けなど、ちょっと発酵して酸味も加わる、高菜漬けはご飯に混ぜて高菜炒飯にしてもよい、
akakabu.jpgtakanazuke.jpg
菜っ葉の漬け物は火を通した料理の具にも使える。

甘味系はまず奈良漬け、子どもの頃はお土産でもらい好物だった、福神漬けはカレーの付け合わせでお馴染みだが、インドのカレー料理でも甘いピクルスを付けるのが元らしい、
narazuke.jpgFukujinzuke.jpg
ほか好きなのが、小茄子の辛子漬け、和辛子が入るが、酒粕ベースの甘味系で香りもよい。
nasu karasizuke

あとは酸味系、まずラッキョウの酢漬けがうちは代々好物のようで、家でも大量に作った、まだ酢に漬かりきる手前の、ガリガリ生っぽい頃合いが好きだったり^^蕪を薄く切った千枚漬けも好きだが、家では少し厚めに切って、酢に黄色い和辛子を加えて漬けた。
rakkyo.jpgsenmaizuke.jpg
お茶漬けと一緒に食べる柴漬けも美味しい、梅酢にキュウリがメインで茄子とミョウガも入っているが、ミョウガが好きなのでもっと多いといい。
sibazuke.jpg
漬け物はそれぞれ野菜の風味と食感が良くて、書いている間にも食べたくなってくる^^

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 6

コメント

明けましておめでとうございます。

michaelさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

今年は我が家にしては珍しくおせち料理のセットを買ってきて昨日から食べていますが、確かに甘い味付けのものが多くて、お漬物みたいなものが食べたくなります。

個人的には高菜、千枚漬け、柴漬けあたりが好みです(笑)。自分はお酒にてんで弱くて、奈良漬けはNGです。(って新年からどうでもいいコメント残してすいません。)

ばけぺん #- | URL
2019/01/02 15:49 | edit

こんばんは
あけましておめでとうございます。
ラッキョウと千枚漬けが好きなのですがおいしそうですね。
それにしてもクラシック音楽と宇宙と漬物という
壮大なトライアングルが形成されているすごいブログですね。
今年もよろしくお願いします。

unagi #- | URL
2019/01/02 18:15 | edit

ばけぺんさん
明けましておめでとうございます。

こんな話でもコメントいただけて嬉しいです^^
私も奈良漬けとかウイスキーボンボンで真っ赤になるので、食べても一切れ程度ですけどね;
よく食べる漬け物は塩味や酸味になります、
本年もよろしくお願い致します。

michael #xNtCea2Y | URL
2019/01/03 01:02 | edit

unagiさん こんばんは

>壮大なトライアングル

はい、今年もこれで行きたいと思います^^
お付き合いのほど、よろしくお願いします。

michael #xNtCea2Y | URL
2019/01/03 01:07 | edit

お茶漬けにしば漬け、おいしいですよね
同じくミョウガがもっと多いといいなあといつも思ってました
最近はミョウガの時期にゆずポン酢、甘酢などに漬けます
小さい頃から小茄子の辛子漬けと奈良漬けとしば漬けが好きでした
千枚漬けもおいしいですね
赤カブ漬けは月山のが美味しいですね。
深夜小腹が空いた時にカロリーを考えると赤カブが満足感もあってちょうど良いです(笑)
らっきょうは常備です。漬かる前の生っぽいのはおいしいですね!!

carmenc #- | URL
2019/01/04 12:22 | edit

carmencさん こんばんは
コメントありがとうございます。

漬物の好みがいろいろ共通のようですね、生っぽいラッキョウに共感してくださる方がなかったので心強いです^^
ミョウガもそうですが、子供の頃から馴染んだ素朴で独特な風味っていうのはずっと好きですね、漬物類には自然と多くなります。

michael #xNtCea2Y | URL
2019/01/04 23:19 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2100-99022154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック