FC2ブログ

Michael: Classic音楽,リュート,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

三つの越天楽  

このところ雅楽にハマっているが^^
越天楽でよく耳にするのが平調と呼ばれる調子で、お馴染みの旋律が聴かれるが、異なる調のヴァージョンがある、 
平調(ひょうじょう:Em)
盤渉調(ばんしきちょう:Bm)
黄鐘調(おうしきちょう:Am)

以上3つの調は西洋音階の自然短音階に対し、ラに当る音が半音高い、篳篥の狭い音域内で調が変わると旋律の形を変えることになり、別の曲に聞こえるのが面白い、
hichiriki_201901161106558a2.jpg
篳篥
これらの調に加え双調というのがあり、双調・黄鐘調・平調・盤渉調は各々「春・夏・秋・冬」の調子とされた、季語ならぬ"季調"があるようだ、
曲に入る前に音取り(ねとり)という音合わせを儀式的に行う、序奏的な意味がある。
etenraku you
you tube:平調 越殿楽
you tube:盤渉調 越殿楽
you tube:黄鐘調 越殿楽
単純な4拍子で進むのではなく、語句の区切りにも似た間(ま)が置かれる、楽琵琶などはリズムの合図をする役目もあるそうだ。
雅楽も楽器ごとに記譜法が異なり、パート譜がある、
etenraku gakuhu

多数の楽器が集まれば自然に生まれる面白さが少数の楽器と総奏の対比だろう、越天楽の場合、竜笛のソロで始まり、主題の途中[7]から総奏になる、
sc etenraku
平調・越天楽
その1拍前から笙がcresc.で光がさすように鳴り出し、バックサウンドを奏で続ける。
西洋では古くは合唱曲、器楽ではバロックのコンチェルトにソロと総奏の対比が聴かれ、やがて交響曲に発展する。
hay sym 100 sc01 24
ハイドン 交響曲No.100「軍隊」第1楽章主部
you tube:Haydn Symphony No 100 G major ' Military', Antal Dorati
管のみ、弦のみで主題を奏で、続きの[39]からtuttiになる、
いずれも、総奏に入る箇所が良いツボだと思う。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: 邦楽

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2114-3fcaeeb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック