FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

干瓢巻き  

恵方巻きは商業戦略で広まった風習だが、何処で始まったか不明らしい、
太巻き寿司というのが前提らしいが、毎年節分の時期、消費しきれず食品廃棄の量が増えるのが問題になる、売りに出さない"試作品"も大量にあると聞いた。
寿司飯と具を分けて売る恵方手巻き寿司のほうが無駄が少ないかも、 
ehomakio.jpg
恵方ロールケーキってのも出ているが、思ったとおり恵方クレープもある^^
Roll cake

恵方はさておき、太巻きはちょっと具が多すぎで、助六寿司の海苔巻きで十分なのだが、いつも拘るのは味の要になる、干瓢の味付けである、(干瓢なしでツナやカニかまぼこなど入ったのは助六とは言えない)
sukeroku02_20190121101310ce9.jpg
この干瓢はユウガオの実で、丸形と長型とあるようだが、ウリ科ユウガオ属だそうで、近い種に瓢箪(ひょうたん)がある、見た目、冬瓜(ウリ科トウガン属)に似て紛らわしい、
yugao01.jpgyugao02.jpg
ユウガオ
ユウガオの実を長く裂いて干したのが干瓢になる、煮ても切れにくいので昆布巻きやロールキャベツなど食べられる紐としても重宝する、
kanpyo05.jpg
干瓢
tokaido hiroshige
歌川広重の東海道五十三次・水口に描かれた干瓢干し
干瓢自体に殆ど味はないが食感はよく、いなり寿司の油揚げと干し椎茸を一緒に煮込み、うま味と甘みをバランス良く含ませると絶品、昔は自宅でよく作り、スダレで巻くコツも憶えた、細巻きにするときは海苔を半分に切る、海苔を香りよく焙り、寿司飯は新米より古米のほうが酢がしみ込む、老舗の寿司屋さんなら、干瓢巻きで十分美味しい^^
kanpyomaki.jpg
かんぴょう巻き
催しで配る昼食で、今の子供ちゃんは助六寿司って喜ばないそうで、ハンバーグや揚げ物が入った弁当がいいらしい、本当に美味しく出来た助六を食べれば見直すかも?

PS.端っこにある酢ショウガは不可欠、これで寿司を食ってるという実感が湧く^^;
ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村
関連記事

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。

いつも楽しい記事、ありがとうございます。
それにしてもmichaelさんは博識ですね。
驚いています。
昨日の、ハイドンの交響曲100番(アバド指揮)、じゅうぶん楽しみました。
重ねてありがとうございます。

yamashiro94 #- | URL
2019/01/21 21:05 | edit

yamashiroさん こんばんは

ありがとうございます。
干瓢がユウガオの実だというのは、子供の頃何かで知って憶えていただけです;
自分で巻き寿司を作って以来、親しみがあるんですね、
小学校の時、遠足や運動会の弁当は皆、自家製の助六寿司っていうのが広まって
いました、何故なのか不明です(笑)

michael #xNtCea2Y | URL
2019/01/21 22:41 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/2119-c6e76d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック